石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第七節 製織
其の後の沿革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保五年正月藩の御算用場より小松町五間堂屋次郎作・久津屋次助二人に、初めて木綿判
押役人を命じ、同時に絹・布判押人の勤方を改む。之によれ...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
藺筵の販路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
引取度旨申來候條賣渡、他國出縮方之儀嚴重可レ被二申渡一候。以上。寅二月廿四日(天
保十三年)御算用場〔小松町舊記〕○大聖寺行疊表承屆高、是迄其年切之引取方不二相濟
一調方紛敷候條、昨年より當春え越高は最早指遣候...
第五章 殖産製造 第七節 製織
絲の他所賣渡嚴禁
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛政元年十月小松町奉行令す。近年絹仲・絲仲等の徒、商業上の貸借を精算せずして破産
を裝ふものあり。自今以後此の如き輩あら...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
製茶 小松製茶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩に於ける製茶業は能美郡小松町に起る。前田利常の小松に隱棲せし頃長谷部理右衞
門といふものあり、家を長保屋と號す。理右衞門は此の國に...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
(以上輕梅郷)勘定吉竹本江千 木 野南 淺 井北 淺 井大領大 領 中清六不 動 島小寺園
上 小 松小松(町)(以上苗代郷。この郷の内小松町は粟津郷・輕海郷・苗代郷の入會な
り。)梯御舘上牧下牧鶴 ヶ 島中野...
第五章 殖産製造 第七節 製織
小松附近の製絹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
出し糸其儘地に而賣買は運上無レ之事。右ヶ條書之通相違無レ之樣に裁許可レ仕者也。正
徳五年閏正月十一日〔小松町舊記〕○絹肝煎え申渡候覺一、向後御召絹有レ之候刻支配仕
迄に而無レ之、惣而絹道組頭中、絹道之儀會議も在...
第五章 殖産製造 第七節 製織
仲賣の取引規程
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保元年九月又小松町奉行より仲買の商取引に關する規程を定め、その絲・絹仲買業は共
に永代四十九人の株立とせり。覺一、糸・絹...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
茶問屋仕法書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
請、賣遣申度奉レ存候。一、直買之分、御口錢相洩不レ申樣吟味仕度奉レ存候。右口錢者
買留人より差出候樣、小松町等一統被レ爲二仰渡一可被レ下候。一、茶出來之村々え、他
所より商人多入買仕候。左候而者御口錢御縮方に指...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
城郭の模樣替と辰巳用水
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
なく、此者早々登城被二申付一樣にと九郎左衞門方へ御使を立させ給へば、早二三年以前
に病死仕由申上らる。小松町人板屋兵四郎といふ者算勘の上手にて、左樣のかねを見る事
上手也と御耳に立被二召寄一。川上へ參り地かねす...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
菟裘を小松に營む
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
城外郭廻貳拾四町○同惣門數三ヶ所○惣矢狹間百貳拾六○惣鐵炮狹間七拾。〔金城深秘録
〕小松城櫓臺在能美郡小松町小松城櫓台小松城及び附近小松城及び附近
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
窮民の匡救
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
濟せんとの志あり。寛文七年金澤の淺野川・田井・小立野・野町・寺町・宮腰諸街道及び
石川郡松在町・能美郡小松町に人を派し、是等を發見するときは所屬村名を質し、十村に
交付して使役せしめ、若し不具者なるときはその親...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
情死
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
と演劇の流行とは、その當然の影響として男女の情死を生むに至れり。明和七年六月串茶
屋の妓喜世川は、情人小松町の魚商吉郎右衞門の子吉三郎と、夜芝居の閉場して嫖客の來
往絶えたるを窺ひ、相携へて今江潟に赴き、吉三郎...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
女郎墓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
佐見屋善七の抱女かはちと、安宅町森下屋孫太郎との情死あり、文久二年六月朔日には清
右衞門の抱女さをと、小松町番匠屋伊兵衞との情死あり。情死ならざるも妙齡空しく一生
を狹斜の巷に經りたる者固より多く、是等は皆串茶...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
御用金徴收
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
也。肝煎は金澤御郡所へ訴出たりしかど、誰取上る人もなく、只能きに諭し遣せとのみ申
渡て勞する事もなし。小松町には御用銀又仕法銀の指止らるゝとの命を聞き、輕きものは
扉を卸して商賣をなさず。殊に此驛は先きの令なる...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
版籍奉還の出願
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
拾九軒社寺一、貳千貳百八拾貳人人員○内千六百九拾八人男、五百八拾四人女一、貳千七
百九拾五軒能美郡之内小松町・安宅町・湊町三ヶ所戸數一、壹萬貳千五百八拾四人人員○
内六千四百參拾貳人男、六千百五拾貳人女一、七拾...
第一章 制度法規 第一節 職制
平士
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
拂奉行小拂奉行堂形奉行御普請會所道具調奉行御普請會所道具渡奉行割場道具渡奉行遠所
諸奉行諸役宮腰町奉行小松町奉行所口町奉行魚津町奉行高岡町奉行境奉行加州御郡奉行礪
波射水御郡奉行新川御郡奉行能州御郡奉行宮腰御詰...
第三章 學事宗教 第一節 學校
集義堂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩に於いては文武兩學校の外、學問勃興の機運に促されて起りたる郷學に、能美郡
松町の集義堂ありき。集義堂は始め小松學問所と稱し、後に習學所と改む。一に之を集義
堂といふは、校内に集義と...
第三章 學事宗教 第一節 學校
修道館
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
小松町に在りては安政の頃別に修道館を建築し、この地に駐在する歩士以上の文武を修業
する所となしたるも、その設...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
内拜領地西照寺同上西源寺同上光教寺同上淨行寺金澤大衆免地子地善照坊金澤公儀町地子
地初東派興善寺能美郡小松町役地上宮寺能美郡小松拜領地本光寺能美郡小松拜領地勝樂寺
能美郡安宅浦百姓寄進地養法寺河北郡談議所村地子...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
現在の若杉燒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若杉燒の遺存するものにして確實なるものには、能美郡小松町森久松氏藏に貞吉の染付に
て文化年製とあるもの、金澤石野龍山氏藏に中形盃にして將棊駒模樣染付に永長年製...