石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
小春
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
小春は宮竹屋伊右衞門といひ、本名龜田勝豐、金澤片町に住して藥種を業とし、所居を白
鷗齋と號す。芭蕉の北遊せ...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
不破富太郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
檢視の役人公事場奉行・大小將組頭・同御番頭・御横目等、何れも富太郎御預り人前田監
物宅に指向候處、折節小春の空晴渡り、庭前の紅葉眞盛りとて、假屋指掛け四方の圍ひ等
、白幕・定紋の幕等打廻し、假屋の内には白縁の...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
金澤及び小松吟行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
し手毎にむけや瓜茄子』と改案せらる。芭蕉また句空の柳陰軒に宿して、『散る柳主も我
も鐘を聞』の句あり。小春も亦一夜芭蕉を留めて、『寐るまでの名殘なりけり秋の蚊屋』
と吟ぜしに、芭蕉は『あたら月夜の庇さしきる』...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
支考の行脚 宇中
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に入りて山中・大聖寺・金澤に巡遊するや、その能文と能辯とは、直に桃妖・厚爲・句空
・北枝・牧童・萬子・小春・秋之坊等を、悉く藥籠中のものたらしめしが如し。さればそ
この花の序文に、萬子元祿辛巳五月十七日長緒の...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
明治の俳風
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十七年金澤の人石丸桃因の輯めたる今人百人集あり。又十五年澤田犀居閣の編したる當世
發句一集あり。前者は小春庵桃守[後攺桃芽]を中心とし、常丸・超翠・龜悦・文器・甫
立・幽梅・一川等の句を擧げ、後者は十丈園一川...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
陶業の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
機宜に適するの措置たりしなり。時に金澤に龜田純藏といふものあり、屋號を宮竹屋とい
ひ、元祿中知名の俳人小春の裔なり。家世々藥舖を營み、素封を以て聞え、町年寄に任ぜ
られ、銀座御用を兼ぬ。純藏は號を鶴山といひ、...