石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩に於ける各宗門の事情略前述の如し。今之を終るに臨み、各派寺院の名稱及び所在
を附載す。天台宗寺院東照宮社僧神護寺金澤西町城内東照宮供米百貳拾石社僧東叡山常照
院兼帶...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
道費
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
あれども、その示寂明治年間に係るを以て、便宜加賀藩のものと混同して前に之を記せり
。今大聖寺藩に屬する寺院の名を掲ぐ。眞言宗寺院慶運寺江沼郡大聖寺町醫王寺江沼郡山
中村那谷寺江沼郡那谷村藥王院江沼郡山代村慈光...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
獨住制の採用
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一を企畫すべきことを命じたりき。是に於いて總持寺は、來七月恰も輪番改任の期に當り
、太政官の趣旨を末派寺院に貫徹せしむるの餘裕を缺くが故に、之が實行の期を緩にせん
ことを講ひ、次いで八月備さに總持寺の沿革を述...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
三衣問題の落著
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
侶環付の袈裟は相止、環無レ之袈裟に可二相改一候事。一、總持寺を始、加賀・能登・越
中三ヶ國に罷在同宗之寺院は、從來之趣を以何れの袈裟著用候共可レ爲二志趣次第一事。
一、總持寺輪番相勤候寺院、右輪番中は同寺志趣...
第一章 制度法規 第三節 司法
僧侶の刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。押隱居は住持たりし者を強ひて隱居せしむるをいひ、隱居蟄居は隱居の上蟄居せしむる
ものとし、寺外隱居は寺院に住せざると同時に他國に往く能はず。僧侶たるもその罪重大
なるときは、死に當てらるゝことあり。天和元年...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
祭禮と法會 花見 切米支給 越後獅子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は能登七尾の祭禮あり。十五日には所々に八幡祭あり、十三日より二十二日に至る間には
、城下寺町なる日蓮宗寺院に千部法會あり。十八日には能登字出津に祭禮あり。二十一日
には眞言宗寺院に開山忌あり。二十五日には能登...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
小松寺庵騷動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
又一向宗東派の寺院間に起れる内訌の最も大なるものに、小松寺庵騷動と稱せらるゝもの
ありき。初め貞享・元祿の交、能美郡二曲...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
士人の金融
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
銀を爲すに在りしといへども、是等は抵當物件に限りあるを以て、到底限なき缺乏を救ふ
こと能はず。遂には大寺院の役局に交渉して、その蓄積せる祠堂金を借出すが爲低頭平身
するの醜状を顧みざりしものあることは、之を現...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
降人の待遇
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加賀藩が浪士を敦賀の三寺院に收容するや、その待遇極めて慇懃にして、飮食は悉くこれ
を市人木綿屋鹿七に調理せしめ、士分には一汁三菜...
第一章 制度法規 第三節 司法
闕所
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り得ざる場合にのみ闕所とすべく、賣懸銀等は凡べて回收すべきことを定めらる。寺庵の
住持死刑に處せられ、寺院の破却せしめられし時に於いては、從來その處分一定せざりし
を以て、天明五年寺院と佛具とを頭寺に與へ、殘...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
涅槃會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二月十五日を涅槃會となす。一向宗以外の寺院に在りては、涅槃の畫像を掛けて供養し、
佛舍利に擬したる五彩の團子を作り、之を堂内叉は堂前に撒布して兒...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
猿丸祭 灌佛 舟游山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
郊外笠舞村猿丸宮に祭禮あり。丑の時詣はこの宮に行はれ、老杉に釘痕の斑々たるを見る
。八日、一向宗以外の寺院に灌佛會を行ふ。灌佛の爲に用ひたる甘茶の煎汁を以て墨を磨
り字を習ふときは、手蹟上達すべしと信ぜられ、...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
十夜 金比羅祭 芭蕉忌 御影講 夷子講 道元忌 亥子餠
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十月五日より十四日までを淨土宗寺院に於ける十夜とす。佛前に團子を供へ、萬遍念佛を
唱へたる後之を參詣人に頒ち喫せしむ。十日を金比羅祭とし...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
日經
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
る者毎日幾百人と云事不レ知二其數一ヲ、三五日の内及二ベリ于四五千人一ニと云々。于
レ時野田寺町に宗門之寺院二十箇寺計有レ之處、聽二テ經師之本迹ノ法談一ヲ而日々離旦
する者數多なる故に、各怨嫉して右妙法寺え爲レ...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
大聖寺藩の寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大聖寺藩に存したる寺院は、眞言宗二十二ヶ寺、曹洞宗二ヶ寺、淨土宗三ヶ寺、一向宗西
派八ヶ寺、同東派二十七ヶ寺、日蓮宗五ヶ寺、...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
サン・ミゲル村の内藤徳庵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
なる日本婦人修道會の指導者たりし内藤ジユリヤ及び彼の妻子と共に、こゝに在ること尚
十二乍なりしが、日々寺院に至りて聖祭に列し、終日宗教書を耽讀せり。その間徳庵は亦
漢籍を學び作文に熟せしを以て、宗教書中有益と...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
祈禱と戒嚴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りといへども、尚土民の盲動せんことを慮り、各郡一向宗大坊の寺主を金澤に居らしめ、
彼等を質として配下各寺院に各その門徒を取締らしめたるが如く、この事珠洲郡妙嚴寺文
書によりて證すべきなり。巳上一書令レ啓候。然...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
火災に關する記録
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、十八日鎭火。家數六千六百三十九軒、内侍屋敷及び家中共千七百二十一軒、町數八十一
、町家四千八百九軒、寺院六十八ヶ寺、橋五十六燒失、焚死六人。同年三月廿四日吹屋町
より出火、延燒三百十一軒、燒死四人。寳永三年...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
市區の擴大
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
至り、人持組に屬して三千石以上を領する士に下屋敷を與へ、又市區の整理を施すべき必
要ありしかば、上口の寺院を泉野に集めて寺町と稱し、下口のものを卯辰に合し、利家の
墓所野田山に至る往來に並松を植ゑ、宮腰に達す...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
大綱を失はず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
後治を施すに宗教の度外視すべからざると悟れり。異日吏利常に謂つて曰く、封内の聚落
至る所として一向宗の寺院あらざるはなし。若し寺地に課税せば、その獲る所鮮少にあら
ざるべしと。利常乃ち之に諭して、汝その一を知...