石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
寳暦の大火災と財政難
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
癒えざりし時に當り、不幸にして前古未曾有の祝融に遇ひ、いやが上にも苦境に陷るに至
りたりき。この火災は寳暦九年四月十日城下泉寺町舜昌寺より起りたるものにして、金澤
城を初め氏家一萬五百八戸を燒夷し、死者二十六...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
大聖寺藩の操芝居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
きに亙りて、演劇その他の諸興行を見る能はざりしが、支藩大聖寺領には宗藩の如き禁令
を布かざりしと見え、寳暦十年江沼郡山中の醫王寺が、堂宇修營の資を得る爲なりと稱し
て富突を計畫せし際、諸人を來集せしむるの手段...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
士人の蓄妾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この時期に於いては風俗韮薄に流れ、男女間の關係亂雜殆ど言ふに忍びざるものあり。
五年藩は銀札を發行せしがその法宜しきに適せず、幾くもなくこれを廢するの止むを得
ざるに至れり。時人或は...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
金澤城の規模
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
び塹濠の廣狹等に至りては、今その詳を得る能はず。蓋し軍事上秘密を嚴守せられたるが
爲なるべく、唯纔かに寳暦五年幕府の巡見上使松平頼母・大河内善兵衞の來りし時、藩よ
り提出したる記録ありて、金城深秘録に載せられ...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
眞如院の子女
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
日江戸を發し、十三日金澤に着し、小立野の郊端上野に新築せる居邸に入らしめ、外出面
會を禁止せり。然るに寳暦九年三月廿二日利和痼疾たりし急癇を發して遂に癒えず、二十
三日その死を發表せり。時に年二十五。弟八十五...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
内通者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
・母・姊及び婢女の消息を通じ、二人の番人も亦朝元の爲に金澤より衣類等を齎したりと
の情を得しかば、遂に寳暦四年閏二月二日に至り連累一同の刑を確定せり。その宣告文中
、大赦の時節なるを以て減等すといふは、前年九...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
銀札發行の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
重教が銀札を發行したるは寳暦五年七月に在りき。當時政局に當る老臣は、本多安房守政
行・前田駿河守孝昌・長九郎左衞門善連・村井豐後守...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
士人の金融
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
は、之を現に存する能登總持寺の日録に徴して明らかに知り得べく、この種類の記事は既
に元祿の頃より顯れ、寳暦以降に於いて益甚しきを見る。總持寺以外の諸寺院に於いても
、これと同一事象多かりし事は固より推察に難か...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
二ノ丸造營
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
於いて大土木を起しゝこと二ありて、その一を二ノ丸の造營とす。二ノ丸は藩侯の居舘及
び廣式のある所にして寳暦九年新造せられしが、文化五年正月又災に罹りしを以て直に工
を起し、翌年四月二十六日に落成移徙せるなり。...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に、藩内の寺社に於いても亦賣買を周旋する者あり。因りて自今凡べて禁止するの令を布
かんといへり。然るに寳暦十年に至りては、山中醫王寺が大聖寺藩の免許を得て之を行ひ
、加賀藩に在りても小松の梅林院・金澤の觀音院...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
頼母子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
母子なりといへどもその實は富籤と同じく、之が發企者たるものは不當の利得を占むるを
目的としたりしかば、寳暦七年再び令して停止せしめき。近年虎之子並取拔賴母子与申名
目に而棟取(トウド)之者有レ之、多分は寺社方...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
窃盜白銀屋與左衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
通じて緑林傳中の巨魁と稱すべきものを見たるは、その理由實にこれに由る。その一は白
銀屋與左衞門にして、寳暦十二年十一月晦日藩吏の捕縳する所となりしものなり。與左衞
門は元と能登の産なりしが、金澤に出でたる後白...
第六章 大聖寺藩治一斑
第五世利道
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
十九日利道從五位下に叙し、壹岐守に任ぜられ、寛延二年五月初めて入部し、三年四月二
十五日備後守と稱し、寳暦四年十二月十八日從四位下に陞る。次いで安永七年五月二十五
日疾を以て致仕し、七月四日遠江守と改め、天明...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
政皆之に委任し、遂にその班を進め祿を重くすること常軌を逸するに至れり。恰もこれ元
祿の柳澤吉保にして、寳暦の田沼意次なり。唯微賤に起りて權貴に上りし者、その弱點の
顯るゝ所動もすれば慢心を生じ、地位を忘れ恩倖...
第一章 領主及び領土
近江に於ける加賀藩領
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
る。然るにその朱印状の原本は、年紀の數字磨滅したるを以て、古來これに關して種々の
議論あり。世人往々、寳暦五年巡見上使の來れる際加賀藩の提出せる書面に、利家が近江
領を加賜せられたるを文祿二年に在りと記したる...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
火災に關する記録
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
計三千四百九軒燒失。寛保元年三月七日夜、寳圓寺門前六十軒計燒失。同四年三月十八日
晝大樋八十八軒燒失。寳暦七年正月八日夜、城内越後屋敷御長屋燒失。同八年五月四日大
衆免出火。延燒二百餘軒。同九年四月十日泉野寺...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
寛永の市區改正と宅地の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
べしとの制限を置けり。然れども商工に至りては尚盛に郡地に向かひて發展せしを以て、
貞享四年・享保十年・寳暦十年・文政四年等の調査によりその地域を市部に編入せしこと
あり。されば城下の殷盛日に加り、俳人櫻井梅室...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
幸若
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
在りて藩の保護を受けたることを知り得べし。その子孫は歸農せしといへども尚この特典
を世襲したることは、寳暦十四年の調書に羽咋郡上田村舞々三郎太夫御印引高一石七斗五
升といへるに依りて明らかなり。於二能州羽喰郡...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
菟裘を小松に營む
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
夫々の御指圖にて引越々々町屋に借屋して作事申付、其年の内に大方移らる。〔三壺記〕
○小松城郭廻等之事(寳暦五年)本丸廻六町五拾間三尺○同所亭二ヶ所○同所土藏八ヶ所
○同所鐵門一ヶ所○同所櫓門一ヶ所○同所長屋門...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
藩主五世に亙る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の時に初り、重教の時に終る。その間藩主の世を易ふること五たびに及び、而して延享二
年吉徳の卒去せしより寳暦三年重教の家を承くるに至るまでは、前後九年に過ぎざるなり
。今例に從ひてその略歴を附記す。