石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
人心の浮華輕佻となり、金銀に對する慾望の増長する時、恒に一攫千金を夢想する投機心
の勃興を見る。富突の盛に起りしもの亦實に之が爲なり。寛延三年四月町奉行青地彌四郎
蕃宣が執政奧村丹後守修古に提出せる稟請...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突抽籤の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
然るに藩政の末期に及びて富突再び大に行はれ、これを以て公共の費用を補充する方法と
して利用せしものあり。石川郡鶴來町及び松任町に行...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
頼母子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
富突と共に、金銀融通の方法として行はれたるは頼母子なり。頼母子は寛永中既に行はれ
たるを見、同二年四月八日...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
大聖寺藩の操芝居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
には宗藩の如き禁令を布かざりしと見え、寳暦十年江沼郡山中の醫王寺が、堂宇修營の資
を得る爲なりと稱して富突を計畫せし際、諸人を來集せしむるの手段として門前に操芝居
を興行せしめしに、頗る地方人の歡迎を得たるこ...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
天保の徳政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。六月十一日御家中一統二百石以上半知借上、二百石以下段々割合有レ之。金澤等所々御
坊・山伏等に而富相(富突)初む。追而御停止。下民御救として江堀掘立被二仰付一、一
日に婆々媽共等迄二千人充出。此御入用銀百貫目...