石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
地顯正寺金澤卯辰拜領地感應寺金澤卯辰拜領地最勝寺金澤卯辰拜領地乘龍寺金澤卯辰地子
地出雲寺石川郡廣岡村寄進地道入寺石川郡宮腰地子地西照寺河北郡横山村拜領地高勝寺珠
洲郡三崎寺家村拜領地寺領七十五石内二十五石修...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
瑞龍寺刀劍寄進
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
この時利常は領内の刀工二十二人を選び、各一刀を鍛造せしめて之を先侯利長の菩提所た
る越中高岡の瑞龍寺に寄進せり。蓋し御直言覺書に、『御領國所々大社之内へ御籠物とし
て、御刀・脇刺御認等被二仰付一候時分、是は加...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
時宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
當たらしめ、法樂の爲に天滿宮に月次連歌を興行して家運の長久を祈願し、依りて連歌料
として毎歳米十二石を寄進す。その後天滿宮は寛永九年十一月燒失せしを以て假殿に之を
奉祀し、慶安二年には南水遷化して南桂之に代る...
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
加賀後藤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に祿せられて三百石を食み、寛永五年に歿す。清永一諱は清定、通稱右兵衞又は兵庫頭。
是を以て甲州身延山に寄進したる金燈籠には兵庫頭清永の銘あり。清永の弟を才次郎吉定
といふ。亦越後に生まれしが、前田利常の祿する...
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
横河氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鐵製置燈籠は金澤高道新町心蓮社に傳へて、横河五郎右衞門長久と鐫せられ、文政二年能
美郡小松郊外天滿宮に寄進したる銅製吊燈籠には、加州金澤佳御鑄物師横河五郎右衞門尉
永久と刻せり。後者の文字は書家高田方水の筆に...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
王伯子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
筑前守樣の語甚だ奇。郷に入りて郷に從ふといふものは、蓋し伯子の謂なり。前田利常が
曾て越中高岡瑞龍寺に寄進せる畫鷹の屏風あり。その贊辭凡べて十六章は、伯子の題する
所にして、筆勢遒勁頗る賞すべし。又山水を描け...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
空照
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
空照、俗姓九里氏、越前の人なり。慶長二年空照足南郡波著寺に住して權大倘都たりしこ
と、白山宮寄進の額面裏書に見ゆ。元和五年利常地を金澤小立野に賜ひて波著寺を轉ぜし
む。同年六月空照利常の命を奉じて白...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
綱紀の圖書蒐集
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
貞享二年歳次乙丑冬十一月穀日東寺〔東寺百合文書筐葢裏書〕○貞享二年歳次十一月日東
寺右賀州羽林所レ被二寄進一レ之也。〔東寺百合文書筐葢裏書〕綱紀の志、單に私藏を以
て快を貪るにあらざりしを知るべし。葢し家康の...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
眞言宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
けたりといへども、翌十一年十月正親町天皇の綸旨を奉じて利家の之を再營するあり、次
いで十九年には所領を寄進せられ、慶長二年堂塔悉く成就するに至れり。その後山内七十
二坊中十四坊は退轉したるも、尚儼然として一方...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
寶圓寺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
元年檢地の際寺領減じて二百十三石六斗となりしも、後藩は大坂の役に於ける戰死者を弔
はんが爲別に祠堂銀を寄進し、士民に貸附利殖せしめたりしを以て、法輪食輪並びに輾轉
の頗る自在なるものありき。降りて前田綱紀の時...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
前田氏と曹洞宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
凡べて同宗の寺院に在り。隨ひて藩の之を遇すること極めて厚く、天徳院の五百石を領し
、寶圓寺に二百餘石を寄進せられたるが如く、供養の豐饒なること他にその類を見ず。是
を以て藩臣にして重職に在る者も亦悉く禪門に歸...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
總持永光大乘三寺法系の爭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
本源嫡傳之信符と成り申候。一夜碧巖集者白山權現・道元和尚之兩筆、先年陽廣院(前田
光高)樣御覽之節箱御寄進被レ遊候。五山十刹圖者道元和尚之自畫自書、右之二色共に于
レ今所持仕候間、則拙僧封印仕、爲二御覽一上レ...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
一向宗 西本願寺末寺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
こゝに封ぜらるゝに及び、寺地を御城後町に與へて坊舍を興造せしめしが、尋いで石川郡
安江郷に一萬歩の地を寄進して之に移らしめき。後に西本願寺別院となれるもの即ち是に
して、その移轉は恐らく後述東本願寺別院と同時...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
東本願寺末寺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
宗が重寶々々と御意候由。〔異本微妙公夜話〕○寛永十一年の春より、六條の末寺造營と
して、三ヶ國郡中町中寄進勸進相調、屋敷平均おびたゞし。先年は御城西北に當て、後町
と云所に有。火事以後侍屋敷に成、奧野紀伊屋敷...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
一向宗東派の寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
轉じ、慶長元年金澤の御城後町に來りしが、元和中第九世慶信の時に至りて前田利常より
田丸町なる今の寺地を寄進せられたりと見ゆ。本蓮寺の祖は本願寺綽如の第二子鸞藝頓圓
にして、嘉吉中越前藤島に超勝寺を立てしが、後...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
赤繪勇次郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
沒すべからずといへども、惜しむらくは今その傳を詳かにせず。文政二年八月勇次郎が、
隣村八幡村の八幡社に寄進せる石燈籠は今尚存せり。赤繪勇次郎著畫徳利能美郡小松町酒
井長平氏藏赤繪勇次郎著畫徳利
第四章 美術工藝 第四節 髹漆
鞘師
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鞘師の有名なるものには高良又之丞あり。世々その技を以て加賀藩の俸を受け、寶暦元年
藩侯の北野神社に寄進したる寶刀の室も亦その作る所なりき。高良氏の外、安永以前より
鞘師を世職としたるものに梅田九藏あり。そ...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
橋爪系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
りとせらる。その子に五代家次・家吉あり。共に寛永以降の人にして、承應三年前田利常
が越中高岡の瑞龍寺に寄進したる刀劍の工人中にその名を列したりしが、六代家次が貞享
の頃襲銘せるを最後として歸農せり。この系は藤...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
幸昌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
代文政頃┃┃仁助、三代幸昌甥┗━包廣又云藤助、三代幸昌弟子初代幸昌は、即ち承應三
年前田利常の瑞龍寺に寄進したる刀を鍛へたる一人なるも、坊間にその作の存するもの極
めて尠く、作柄も亦良好ならず。以下同銘數代、...
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
水野支家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
なり、元文二年家を繼ぎ寶暦十年歿す。多光は當時の良工にして、寶歴元年桑村克久・後
藤久清と共に北野神社寄進の太刀に裝具を施せり。四代源六光政はもと之鍛工大河端屋某
の子にして、多光の門に學び、遂に養はれて嗣と...