石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
家平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
洲崎氏三代を家平とす。通稱を四郎兵衞といへり。寛文末年より起り天和三年に歿す。そ
の作風初代・二代家忠に比し、地鐵一層...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
陀羅尼系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
━━光家┃┃┃┃┃┃初吉兵衞、實は二男二吉兵衞初四郎兵衞┃┗━家忠━━━━━━━
━┳━家忠━━━━━家平━━━━━━━━━━━┓┃代明暦元年歿┃代寛文十年歿代天
和三年歿┃┃┃┃┃┃七右衞門、大聖寺住┃┃┣...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
後代家忠
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛文・延寶の四郎兵衞家平と享保の四郎兵衞家忠との別人なることは前に言へるが如し。
享保の家忠は吉兵衞國平(二代家平同人)の養子...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
家康の利家訪問
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るを知るに及びて嗣子の保護を哀求したるものにして、手段の陋劣實に唾棄すべく、之を
眞摯にして樸實なる利家平生の行爲に徴して毫も信を措くこと能はず。思ふに利家の家康
と會せし時、彼は己を以て他を推し、家康が主家...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
延寳に於ける變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り、而してこの傾向を最も能く具現したる刀工に辻村四郎右衞門兼若と出羽守高平との兄
弟並びに洲崎四郎兵衞家平あり。四郎右衞門兼若は今日世人の擧つて名工と認むる者なる
が、かくの如きは太平時代に於ける武士の感賞の...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工の階級
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鍛冶位付調書に據れば、兼若・勝國・高平・吉家・勝家、非人小屋に罷在清光・兼則を上
作とし、光國・友重・家平・信友を中作とし、守種・幸昌・兼裏・越中清光・二代忠吉・
信貞を下作とし、藩が彼等に鍛造を命ずる場合に...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
山林の下苅特許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、上山・北袋・市ノ瀬御林、小竹御林、田屋御林下刈被二仰付一、御役銀毎歳可二指上一
旨相願。依レ兼之若・家平・光平・幸昌・信貞・家忠・勝國等、御林六ヶ所之下刈被二仰
付一。』といひ、又享保元年四月國平・家忠・包...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
享保の不振
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次第に庸劣に傾くも、尚能く明治期に入りしが、兼若はその子助太夫兼若の逐電によりて
退轉せり。國平は二代家平と同人、家弘は二代國平にして、陀羅尼の分派洲崎家忠の直流
に屬するものとし、子孫文政の頃に及ぶ。家忠は...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
國平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二代家平は享保の初年に至りて名を國平と改め、同十七年に歿す。その子吉右衞門家弘繼
いで二代國平となる。その作品...