石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
前田綱紀の紹述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
には僧高泉の來るあり。延寶三年に五十川剛伯あり。同六年に木下順信あり。天和に羽黒
成實あり。貞享元年に室鳩巣あり。正徳四年に兒島景范あり。何れもその經學詞藻を以て
來りて君侯に侍せり。而してその才を以て論ずれば...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩界の革新
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その門人新井白石・雨森芳洲・松浦霞沼・祇園南海等の如き他邦の學士は論ずるまでもな
く、加賀藩に在りては室鳩巣の如き詩賦の巧妙前後に類を見ざる所とす。葢し當時藩主前
田綱紀好みて珍籍奇書を蒐集し、而して之を閲する...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
經史子集に分類し、收藏と點檢とに便ならしめたり。新井白石爲に語を爲して曰く、加賀
は天下の書府なりと。室鳩巣亦曾て之を評して曰く、北藩三州の大牧伯たる今の菅侯は、
大に河間書を好むの遺風あり。嘗て遺書を搜討して...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
宇喜多秀家の配流
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
星、丹藥幾包、其外瑣細の物件定數ありて、目録のごとく、公けの官吏に付して八丈が島
へ達せしむ。翁加賀(室鳩巣)にありし時、其いはれを故君に問に、澤橋兵太夫といふ者
より起りたる事なり。豐臣太閤の時、前田家の先祖...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
豪奢寛濶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
目を驚駭せしむるものありしといふも、亦質實剛健を理想とする士人の行爲として到底肯
定し得べきにあらず。室鳩巣江戸に在りてこれを聞き、その門下たる藩士青地齊賢に與へ
たる書中に、『何方も同事の風俗不レ堪二嘆息一候...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
杉本九十郎の喧嘩
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
綱紀の時代に於いて、武士氣質を發揮したるものとして、世人の賞賛を博したる者に杉本
九十郎ありて、室鳩巣がその事蹟を駿臺雜話に載せたるを以て、廣く天下に喧傳せらるゝ
に至れり。九十郎は青地彌四郎蕃宣の配下に...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
府庫の匱乏と儉約勵行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しが、獨加賀藩のみ新たに賢良を招聘し、能幹に俸を増すこと、毫も曩日に異なる所なか
りしに、翌七年將軍は室鳩巣を介し、綱紀に就きてその政策を問はしむるに至れり。鳩巣
が綱紀に謁見せしときの事情は、鳩巣の門下たりし...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
青地禮幹と朝元
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
朝元反對黨の他の一人を大小將組の士青地藤太夫と爲す。藤太夫諱は禮幹、學を室鳩巣
受けし人なり。寛保二年禮幹は書を裁して本多政昌に訴へ、近時朝元の驕傲益甚だしく、
君寵を憑みて私意を...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
宗辰時代の財政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
よりて、宜しく衆と共にその法を議せざるべからずといへるに由りて、當時の事情を察す
るに足るべし。昌言は室鳩巣の外甥なり。宗辰その言を是とし、延享二年十月六日有司に
諭し、冗費を省き節儉を行ひ、諸局心を一にして成...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
値ありとす。利常光高は素より儒術を尊信し、祖宗の遺傳性、綱紀に及びて最高潮に達せ
り。されば木下順庵・室鳩巣以下の儒士にして、褐を我に釋くもの甚だ多く、奎星一時北
陸の天に聚まるかの觀を呈せしめしのみならず、鳩...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
性理學の祖述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
門下より出でし木下順庵も、亦博覽強識にして能く朱註を遵奉し、後進を誘掖して倦まず
。寛文十二年前田綱紀室鳩巣に命じ、順庵に就きて教を受けしむ。當時明儒朱舜水來りて
水戸侯の客となり、江戸に居る。綱紀亦寛文八年五...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
鳩巣の推賞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
將軍徳川吉宗亦嘗て室鳩巣を棣棠ノ間に召して、綱紀の施政及び學術の良否數條を問ひし
ことあり。鳩巣之に對ふる語中にいふ。綱紀日夜...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
木下順庵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
九月十一日正四位を贈らる。二子、長を順信といひ、次を寅亮といふ。その加賀藩に於け
る門人の名ある者は、室鳩巣・脇田直能・原元寅・その子元慶。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
羽黒成實
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の源に溯り、伊洛の流を極め、正學を講明するを以て己の任となしゝが、天和中に至りて
加賀に來寓せり。葢し室鳩巣と舊交ありしを以てなり。是に於いて從學するもの頗る多か
りしが、奧村脩運・青地齊賢・青地禮幹等その主た...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
葛卷昌興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
風亦は觀月といふ。人と爲り高節にして倜儻、その才最も和歌に長ず。時に亦竹田忠張・
奧村忠順・山本基庸・室鳩巣等と詩賦を以て相徴逐す。昌興一日積雪の竹を壓するを見て
、竹雪辭一章を作り、之を忠張に示す。竹雲辭漫々...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大地昌言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大地昌言、字は士兪、一字は行甫、通稱を新八郎といひ、東川・遜軒・毖齋・奚疑等の號
あり。室鳩巣の外甥にして、學を好みて倦まず。六經を研精して義理を明晰にし、大學の
微旨を剖析して説く所往々師鳩巣の...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田吉徳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
繪畫を嗜めり。葢し父綱紀が碩學老儒を招聘し、學術を奬勵したりし餘慶により、此の持
經學詩賦盛に行はれ、室鳩巣は既に藩を去り、伊藤祐之も亦遂に歿したりといへども、二
氏の門流より出でたる者皆斯界に重きを爲せり。
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
雜學
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若し夫れ室鳩巣を初とし、その門人青地齊賢・青地禮幹の如き、經學詩賦に秀逸なる人に
して、兼ねて國學に精通し、その筆に...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
土屋義休
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
三州の水脈源流を説くこと頗る明晣なり。この書一に加越能山川記又は水源記と名づく。
又耕稼春秋の著あり。室鳩巣これに序して、その人を推稱すること至れり。金城隆盛私記
一卷あり、寶永二年五月の自序を附す。義休享保四...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
野村重威
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
野村重威、書を讀み、詩を作り、室鳩巣・五十川剛伯等と交る。又連歌を好み、能順と互
に唱和す。享保九年八月十六日歿す、享年五十八。