石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第四節 租税
石川郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
檢地引高三百九石四斗五升屋敷引高殘十七萬四千四百六十四石八升一合村高十萬二千八百
九十四石二斗七升三合口米内十一萬千九百十石九升九合五勺明治元年分給人知高六萬
七千八百九十九石八斗五升二合此口米七百...
第一章 制度法規 第四節 租税
能美郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
升六合屋敷引高四石五升七合御預人參畠殘十萬六千三百三十三石九斗一升二合村高五萬千
四百五石三斗三升八合口米内一萬七千五百八十六石六斗二升七合明治元年分給人知高
八千七石八斗一升四合此口米八十二石二斗...
第一章 制度法規 第四節 租税
羽咋鹿島二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
斗九升三合五勺屋敷等引高三石一宮領鵜捕領殘十六萬五千四百六十六石五斗村高八萬七千
六百二十一石一斗六合口米内十二萬九百六十一石四斗一升四合明治元年分給人知高六
萬四千七百二十六石八斗八升二合此口米七...
第一章 制度法規 第四節 租税
河北郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
合檢地引高百十五石一斗二升二合屋敷引高殘八萬千三百十九石九斗九升八合村高五萬千二
百十一石八斗二升四合口米内四萬三千六百三十六石一斗四合明治元年分給人知高二萬
九千十七石七斗二升五合此口米三萬十九石...
第一章 制度法規 第四節 租税
礪波郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
四合六勺七才屋敷引高殘二十五萬五千六百三十九石六斗九合三勺三才村高十三萬二千九百
二十二石五斗五升一合口米内十九萬七千二十六石八斗二升五合五勺明治元年分給人知
高十萬二千六百五十三石二斗八升六合此口...
第一章 制度法規 第四節 租税
新川郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
升八合四勺一才屋敷引高殘二十二萬三千百七十七石六斗八升七合五勺九才村高十萬千八百
二十一石五斗八升七合口米内十一萬九千三百八十八石二斗四升九合明治元年分給人知
高五萬五千九百二十七石一斗一升五合此口...
第一章 制度法規 第四節 租税
鳳至珠洲二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
高百二十四石九斗二升八合屋敷引高殘九萬六千四百九十石三斗四升四合村高五萬五千五百
四十四石七斗五升二合口米内一萬二百八十三石三斗九升一合明治元年分給人知高六千
六百二十五石四斗一升七合此口米五百五石...
第一章 制度法規 第四節 租税
射水郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
八斗九升九合九勺一才屋敷引高殘十六萬八千二百九十四石二斗二升二合九才村高九萬九百
五十一石五斗八升八合口米内十二萬九千五百六十六石三斗二升五合明治元年分給人知
高六萬九千六百五十一石七斗二升七合此口...
第一章 制度法規 第一節 職制
平士
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
人持に次ぐを平士とし、番御馬廻・御馬廻・組外・御大小將・御奧小將・御表小將の諸
組に別る。番御馬廻・御馬廻・組外の諸士は合...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
田地割施行の實例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
御田地割書鹿島郡一青組町屋村一、草高二百二十八石五斗町屋村鬮數十本に仕、但
一本ニ付二十二石八斗五升宛内二...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
作徳平均
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
作徳平均とは、各人の公稱持高同一にして、・口米その他の諸掛り隨つて同額なるも
、實際の地積を異にするが爲、親作の卸付米と手取作徳米とに差違あ...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
平士並たりし者の現石算出法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
四分の割合にて、支給せられたるが故に、その免附は平均免の法を適用せずして、一に在
來の實際に據ることゝめたり。かくて給祿改の事の行はるゝや、士族・卒族の生活は
甚だしく脅威せられ、轉た前途の慘憺たるを思...
第一章 制度法規 第二節 祿制
寄親附與力の知行所付の例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
知行所附之事草高石川郡一、十五石二斗六升竹松村御印免四ッ三歩六石五斗六升二合
草高河北郡一、十一石三斗一升五合今町村御印免五ッ八歩六石五斗六升三合〆十
三石一斗二升五合本...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
田村權左右衞門と後藤才次郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
冬上旬願主十方檀那、冶工越前國柴原住河合仁左衞門尉藤原朝臣忠明、加賀國住藤原朝臣
後藤才次郎雕レ之者也次花押』と記し、之に比隣する本善寺の鐘銘には、『寛永十八壬
午暮玄英良日、越前國吉田郡芝原村窪金屋與三...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
秀吉の遺言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
遺言を爲して筆記せしめ、之によりて家康は伏見に在りて政治を輔け、利家は大阪に在り
て秀頼の傅たるべしとめ、更に利家捐舘の後に在りては、利長をして利家に代らしむべ
しとせり。秀吉が如何に重きを前田氏に置ける...
第一章 制度法規 第二節 祿制
給人の口米惣收
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
給人が口米として收する額は、の總額に口米の比率を乘じたるものならざるべから
ず。故に今若し知行高百石を受くるものあり...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
請高新開 仕法新開 御仕立新開 圖免新開 極高新開 一免下新開 免新開
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
新開には、請高新開・仕法新開・御仕立新開・圖免新開・一免下新開・免新開の種類あ
り。請高新開は、豫め高何程と見積りて出願許可を得たるものにして、既に圖免(ツモリ
メン)...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
鬼屋のぞんべら祭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
尚請ずる座敷へ袴の股立すはとおろし直り候へば、蝶形菊形栗ありの實を肴として、宙の
木の本うちこぎを盃とめ、飮めや〱と仰られ候程に、左手に受け右手に受け、あら〱算用
仕り候へば六七十杯給りて候。樺太郎兵衞達...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家の罹病と家康の訪問
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
家病む。時に石田三成・増田長盛二人、利家と家康とを離間せんと計り、家康が私に福島
正則・伊達政宗と婚をめたるを知り、秀吉の遺命に反したりとの罪を鳴らして之を利家
に愬へ、又毛利輝元の邸に會して膺懲の師を起...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
班軍は豫の行動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。この時利長が、大聖寺城の攻略を先とし小松城を後にせんとしたるもの、その意の南上
にあらずして、國内平の後直に歸城し、當初の目的を遂行せんとするにありたるを知る
べし。この時家康は上杉氏を討たんが爲、既に...