石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
現石算則の説明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して各自の受領する改定現石算出の方法は、『又置二改定祿高一。乘二平均免一一八一。
三歸而。乘二定口法(定納口米)一一一二一。以二口米法一〇二一除レ之。右現石高也。
』といへり。これ加賀藩に於いては、士人の草高...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
平士並たりし者の現石算出法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
候事。但從前給知下免の人々は可レ爲二是迄之通一、且茶湯料は自分知に結込可レ申事。
一、與力・同心一歩免定納口米は、自分知之定納口米に引足、改革給祿高割減之事。一、
扶持方は一人扶持壹石八斗圖り、及切米は凡而四...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
享保の貸銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して、その義務を果さしむるが爲、知行取は草高千石に付き除知(ヨケチ)五十石の割合を
以て之を割き、その定納及び口米を貸銀奉行に納附せしむることゝし、切米取に在りては
米五十俵を知行六十石に換算し、扶持方に在り...