石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第四節 租税
石川郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
檢地引高三百九石四斗五升屋敷引高殘十七萬四千四百六十四石八升一合村高十萬二千八百
九十四石二斗七升三合定納口米内十一萬千九百十石九升九合五勺明治元年分給人知高六萬
七千八百九十九石八斗五升二合此定納口米七百五十九...
第一章 制度法規 第四節 租税
能美郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
升六合屋敷引高四石五升七合御預人參畠殘十萬六千三百三十三石九斗一升二合村高五萬千
四百五石三斗三升八合定納口米内一萬七千五百八十六石六斗二升七合明治元年分給人知高
八千七石八斗一升四合此定納口米八十二石二斗二升二...
第一章 制度法規 第四節 租税
羽咋鹿島二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
斗九升三合五勺屋敷等引高三石一宮領鵜捕領殘十六萬五千四百六十六石五斗村高八萬七千
六百二十一石一斗六合定納口米内十二萬九百六十一石四斗一升四合明治元年分給人知高六
萬四千七百二十六石八斗八升二合此定納口米七百五十...
第一章 制度法規 第四節 租税
河北郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
合檢地引高百十五石一斗二升二合屋敷引高殘八萬千三百十九石九斗九升八合村高五萬千二
百十一石八斗二升四合定納口米内四萬三千六百三十六石一斗四合明治元年分給人知高二萬
九千十七石七斗二升五合此定納口米三萬十九石六斗六...
第一章 制度法規 第四節 租税
礪波郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
四合六勺七才屋敷引高殘二十五萬五千六百三十九石六斗九合三勺三才村高十三萬二千九百
二十二石五斗五升一合定納口米内十九萬七千二十六石八斗二升五合五勺明治元年分給人知
高十萬二千六百五十三石二斗八升六合此定納口米四百...
第一章 制度法規 第四節 租税
新川郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
升八合四勺一才屋敷引高殘二十二萬三千百七十七石六斗八升七合五勺九才村高十萬千八百
二十一石五斗八升七合定納口米内十一萬九千三百八十八石二斗四升九合明治元年分給人知
高五萬五千九百二十七石一斗一升五合此定納口米二百...
第一章 制度法規 第四節 租税
鳳至珠洲二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
高百二十四石九斗二升八合屋敷引高殘九萬六千四百九十石三斗四升四合村高五萬五千五百
四十四石七斗五升二合定納口米内一萬二百八十三石三斗九升一合明治元年分給人知高六千
六百二十五石四斗一升七合此定納口米五百五石寺社領...
第一章 制度法規 第四節 租税
射水郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
八斗九升九合九勺一才屋敷引高殘十六萬八千二百九十四石二斗二升二合九才村高九萬九百
五十一石五斗八升八合定納口米内十二萬九千五百六十六石三斗二升五合明治元年分給人知
高六萬九千六百五十一石七斗二升七合此定納口米四百...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
作徳平均
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
作徳平均とは、各人の公稱持高同一にして、定納・口米その他の諸掛り隨つて同額なるも
、實際の地積を異にするが爲、親作の卸付米と手取作徳米とに差違ある時、...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
平士並たりし者の現石算出法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
候事。但從前給知下免の人々は可レ爲二是迄之通一、且茶湯料は自分知に結込可レ申事。
一、與力・同心一歩免定納口米は、自分知之定納口米に引足、改革給祿高割減之事。一、
扶持方は一人扶持壹石八斗圖り、及切米は凡而四ツ免...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
現石算則の説明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して各自の受領する改定現石算出の方法は、『又置二改定祿高一。乘二平均免一一八一。
三歸而。乘二定口法(定納口米)一一一二一。以二口米法一〇二一除レ之。右現石高也。
』といへり。これ加賀藩に於いては、士人の草高千石...
第一章 制度法規 第二節 祿制
給人の定納口米惣收納額
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
給人が口米として收納する額は、定納の總額に口米の比率を乘じたるものならざるべから
ず。故に今若し知行高...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
引免斗過米 引免米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
收納免を納租すれば足るといへども、給人知にしてその差引困難なるが故に本免を以て納
租し、引免に相當する定納口米は御算用場切手を以て補償せらるゝなり。村高凡べて給人
知ならざるも、引免多くして、藩が該村より收納すべ...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
誤謬の歩苅法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
合此内四斗八升二合五勺百姓に被下候免五歩(五ッ)之當り。四斗八升二合五勺御收納免
五歩之當り。但此米を定納口米一石一斗一升二合にして割れば、免四ッ三歩四厘に成右算
用仕立樣、三階村源五方より爲二書出一寫置也。〔御...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
寛文の村御印
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年百姓より上に付無檢地極一、百一石免四ッ四歩内二ッ一歩八厘上(明暦二年より歟)る
四十九石四斗一升七合定納口米新京升内三十八石一斗七合年内可二納所一十一石三斗翌年
六月中銀子に而可二納所一此代銀三百七十二匁九分一...