石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第八節 科學
宇田川玄眞と蘭法醫術の初試
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次いで文化五年前田齊廣、前侯治脩の病を診せしめんが爲、宇田川玄眞を徴す。玄眞は作
州津山侯に仕へて江戸に住したる蘭法醫にして、蘭法醫術の我が藩に試みられたること實
にこ...
第三章 學事宗教 第八節 科學
吉田長淑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て物議屢起りしといへども長淑は敢へて意を枉げず、遂に能く良醫の名を擧ぐるに至れり
。文化七年前田齊廣、宇田川玄眞の推薦により長淑を聘して藩醫となし、歳俸三十口を賜
ひ、翌年又別に年額二十金を與へて飜譯の資に充てしむ...
第三章 學事宗教 第八節 科學
藤井方亭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藤井方亭、名は俊、伊勢の人にして、父を周朔といふ。方亭江戸に出でゝ、醫を宇田川玄
に學び、文化七年その周旋によりて前田齊廣に仕へ、歳俸三十口・銀十枚を受け、江戸
在住を命ぜらる。後天保...