石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家と秀吉の交情
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ねて一國下され候より忝き次第、御加増にも替へ申すまじと、御機嫌の時仰せられ候。〔
利家夜話〕○伏見城下宇治川を、大納言(利家)樣・肥前(利長)樣へ川せきを被二仰付
一候。宇治川をせき切事、末代の聞えの爲と御滿...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
大聖寺藩の製茶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、茶の賣行從ひて減少したりしかば、農昆の茶樹を伐採するもの多く、一時甚だしく衰微
せり。その後弘化元年宇治の茶師吉平初めて大聖寺に來り、宇治風の焙爐製法を寺井屋長
右衞門に傳へしかば、長右衞門は藩士東方宇左衞...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
臨濟宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
位を占め、寺領を給せられたりしが、之に屬するもの僅かに九ヶ寺に過ぎず。明僧高泉の
我が國に渡來するや、宇治の黄檗山萬福寺に在り。寛文十二年藩主前田綱紀、之を請じて
明法山献珠寺に居らしむること一年餘。偶隱元示...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
小松製茶法の改良
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
きを加へ、既に輸入を要せざるに至りしといへども、その製法尚舊套を墨守し、專ら日陰
乾のみなりしを以て、宇治製玉露等の良品は尚毎年約一千斤を購はざるを得ざりき。時に
近江甲賀郡朝宮村の製茶工に磯五郎といふ者あり...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
院小路岩坂町田飯塚川尻蛸島雲津小泊小 泊 新伏見竹澤納屋本杉山山中唐笠折戸川浦(以
上正院郷)高波引砂宇治森腰粟津大屋小谷狼煙狼 煙 新寺家(以上三崎郷)礪波郡射水郡
新川郡この中、礪波・射水の全部及び新川郡...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
山口宗永等の墓所と子孫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
毛機鋒大居士、修弘に英賢院恭温良雄大居士と諡せり。宗永はもと山城國葛野郡下山田の
人にして、同國綴喜郡宇治田原の城主たりし山口勘助秀景の子なり。秀景曾て京師の誠心
院を再建す。是を以て誠心院にも亦宗永・修弘の...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
高泉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛文十二年月坡の後を襲ひ、聘に應じて献珠寺に來り、居ること年餘。延寳元年隱元の寂
に入るや、一旦辭して宇治に歸り、二年再び徴に應じて献珠寺に來る。其の金城に在るこ
と前後二十一年。詩偈銘贊及び書畫の此の地に存...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
洲郡川尻村地子地徳勝寺珠洲郡小路村地子地高福寺珠洲郡小路村地子地淨福寺珠洲郡引砂
村地子地本龍寺珠洲郡宇治村地子地福正寺珠洲郡杉山村地子地光樂寺珠洲郡本村地子地專
稱寺珠洲郡寺家村地子地專念寺珠洲郡寺家村地子...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
製茶 小松製茶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文化年中茶の産額大に増加して二十五萬斤に上りしが、其の品質に至りては尚劣等なるを
免れざりしかば、山城宇治より精良なるものを購入し、之に倣ひて改善を企圖したりしも
遂に目的を達する能はざりき。同十年小松町の長...
第六章 經濟交通 第四節 交通
加賀能登の主要道路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鵜飼村二十三町南方村十四町北方村五町飯田村十三町三十九間鹿野村十二町七間正院村一
里二十一町引砂村三町宇治村二十五町三十八間寺家村通計四十里一町