石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
支考の行脚 宇中
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
りしことは、その地の俳人等が遺憾に堪へざる所なりき。是を以て十六年十月支考の重ね
て金澤に在りしとき、宇中は小松より來りて之を拉し、終に一集を撰じ、名づけて夜話狂
ひといへり。宇中は和田氏、藥種を業とし、その...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
素然
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て病に臥したるは、必ずその前年に在らざるべからずして、歸路又加賀を經しこと言ふま
でもあらず。寶永五年宇中京に上り、仲秋雙林寺中閑阿彌亭に俳筵を張り、支考・涼莵・
吾仲等を招き、而して支考は之が句評を試みたり...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
芭蕪歿後の追悼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年之を刊行して喪の名殘といひ、十三回忌には、金澤にて北枝・從吾・秋之坊・牧童・長
緒等、小松には塵生・宇中・夕市・湫喧・彳人等、大聖寺にては野睡・關雪・里楊・長水
・桃妖等、皆追遠の俳諧を興行せり。後寛政五年...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
支考の再現
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
來遊するに及びて活氣を復したりき。この時越前の伯兎・昨嚢等亦之と行を共にして山中
に入り、小松の塵生・宇中・里冬・朴人・乙甫・之川・之仲等を招きて、菊月朔日より十
日に至る間、毎日歌仙を興行し、その集を菊十歌...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
凉莵乙由等の來遊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を捻り、別に五月雨の句を立句として七歌仙を次ぎ、その集を七さみだれと名づく。撰者
は里冬にして、序文は宇中之を作る。先にいへる河南の連衆が八夕暮集を刊したるは、之
に對する反抗運動にして、その河南・河北といへ...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
千代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
春はとまらで啼蛙』『それ〲に名乘て出る若葉かな』の句を見るに及びて初めて刊書にそ
の名を出せり。而して宇中が傳千代女書をものして、『こゝに一本の松あり。やゝ廿とせ
の春秋を經て、千代の翠におひさきしるし。いま...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
千代傳の疑問
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
かりて松任に歸るとのみは、近世奇跡考にも載する所あり。今案ずるに叙上の句皆千代の
句集に所見なし。且つ宇中の傳千代女書は、享保十年の稿なるが、その中に『いまだ高砂
の尾上の相生の名もあらずとかや。』といへるは...