石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
上田作之丞の末年
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
レ之、遠所不二罷越一御家中へ不二立入一樣御申渡、依而教授方御指留、年中銀拾枚宛被
レ下候事。元來學校中學事方、聖道に相違之樣心附候へ共、一圓左樣之事不二申出一、私
宅に於ては朱子專門に心得、只々日々事業之儀よ...
再刊の辭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
活用せんことを希望す。本編の内容は、制度法規に職制・祿制・司法・租税あり、儀式慣
習に典禮・風俗あり、學事宗教に學校・漢學・國學・俳諧・書道・科學・兵學・佛教あり
、美術工藝に繪畫・陶磁・描金・髹漆・染色・刀...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
六頁第三節司法四六頁第四節租税七四頁第二章儀式慣習一二三頁第一節典禮一二三頁第二
節風俗一三七頁第三章學事宗教一五八頁第一節學校一五八頁第二節漢學(上)二〇六頁第
三節漢學(下)二一九頁第四節國學(上)三五〇...
第三章 學事宗教 第一節 學校
文武兩學校
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩の學校にして、寛政より明治の初年に至るまで繼續せしものを、明倫堂及び經武館
となす。而して明倫堂...
第三章 學事宗教 第一節 學校
享和の改革令
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
興し、未だ弛まざるに張り、廣く人材を擇びて教職に就かしめんことを宣言し、以て鼓舞
奬勵を加へたりしに、學事大に刷新せらるゝに至りたりき。寛政四年以來學校被二建置一
候得共、學問執(修)行不レ宜故、書を讀み物を...
第三章 學事宗教 第一節 學校
天保の修補
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然るに第十三世前田齊泰襲封の後、士風漸く荒怠し、學事隨つて不振となり、學生の就學
するもの頗る減少せしかば、國老奧村榮實、風俗の頽廢は教化の行はれざるに依...
第三章 學事宗教 第一節 學校
集義堂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
賀清右衞門と謀り、藩の許可を得て設立したるより起る。然るに彼等は元より刀圭を業と
するものにして、專ら學事に力を致す能はざりしを以て、幾くもなく石川郡鶴來の儒金子
有斐を聘して教授の任に當らしめしが、次いで町...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
前田利長の功績
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ことは、實に利長の英邁による所にして、諸侯伯が異邦の儒者を徴するに先鞭を着けたる
ものとすべし。利長の學事に力を致せる美學之を措きて他に聞く所あらずといへども、單
にこの一事のみを以てしても北陸の士庶をして學...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
前田利常 光高の學事奬勵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
第三世前田利常は、寛永中小瀬道喜を京師より招き、その子光高の教授に當らしめき。而
して光高も亦聰明にし...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大幸清方
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
秀を以て稱せらる。是を以て寛延元年春臺の著倭楷正訛の跋文を記せり。清方又藩侯前田
利道・利精に歴仕し、學事を振興したる功最も多し。その著に論語筆解あり。寳暦七年九
月十九日五十一歳を以て歿す。客中元日萬國朝レ...
第三章 學事宗教 第九節 兵學
大屋愷敆
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
なり、二年十一月鑄炮局承事に聽じ、三年十一月學校掛となりて畫策する所甚だ多かりき
。置縣以後、愷敆多く學事に關係し、萬國名數記・西洋各國歴譜・英和僻典・府縣名數教
艸・萬國名數教艸・金澤名數・星學初歩・日本射...