石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
奧村悳輝
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
奧村悳輝、字は浚明、一名は宣、僴宇・耕心・誠齋等の號あり。人と爲り清貞雅操にして
父に劣らず。未だ冠せざるより...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
藩政初期の詩賦
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の餘流を汲むもの豈盡く然らざらんや。松永昌三然り、小瀬道喜然り、平岩仙桂・澤田宗
堅亦然り。奧村庸禮・奧村悳輝皆然らざるなし。唯五十川剛伯のみ才學卓絶にして、一時
國卿大夫之が門に遊ぶもの多く、その君侯に侍する若...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
嚴なる聖教の鼓吹と穩雅なる詩賦の奬勵とを以て、斯文をして絶大の光華を放たしめき。
是に於いて奧村庸禮・奧村悳輝・古市務本・今村正信・原元寅・青地齊賢・青地禮幹・奧
村脩運・津田孟昭・葛卷昌興・小谷繼成・淺加久敬等...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
五十川剛伯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
詩範一部九册を撰す。皆舜水に聞く所を輯せるなり。剛伯の才學平岩仙桂と相伯仲し、一
時國卿大夫本多政敏・奧村悳輝・津田孟昭・木多政冬の輩其の門に遊ぶ。故に花晨月夕の
雅會高宴、剛伯その詩柄を執りて之を可否せざるなく...