石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
奧村忠順
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
奧村忠順は通稱を彈正といひ、亦室門七才の一なり。字は履信、一字は伯亮、盈進又は竹
溪と號す。詩賦は頗る嗜好せり...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
室 直清
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て海内の士就きて學ぶもの、雲集その數を知るべからず。當時加賀藩に在りて、門下の高
足と稱せらるゝものに奧村忠順・奧村脩運・青地齊賢・青地禮幹・小寺遵路・小谷繼成・
山根敬心ありて、之を室門の七才といへり。鳩巣經學...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大庭久浮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大庭久浮、字は徳基、松溪と號す、平安の人。加賀藩の醫となり、詩を好み書を工にす。
首夏の一夕奧村忠順の風月亭に會す。時に天邊の子規、數聲裂帛の如し。座客皆曰く、子
規の啼くや常に飛中に在りて停止の時にあ...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
葛卷昌興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
佐と改む。その亭を松風亦は觀月といふ。人と爲り高節にして倜儻、その才最も和歌に長
ず。時に亦竹田忠張・奧村忠順・山本基庸・室鳩巣等と詩賦を以て相徴逐す。昌興一日積
雪の竹を壓するを見て、竹雪辭一章を作り、之を忠張...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
富田景周 奧村青楓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
越中萬葉考及び楢葉越枝折の如き萬葉集に關する著述を有す。文政十一年二月二十日歿、
年八十三。景周の母は奧村忠順の女にして名は愛、青楓と號し、七歳にして既に自ら和歌
を詠ず。長ずるに及び冷泉爲村の門に入り、屢褒詞を...