石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
奧村尚寛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
奧村尚寛、字は白羽、河内守と稱し、愼齋又は石臺と號す。程朱を尊崇し、窮理の榮を事
とす。嘗て鄙陋瑣言・蠡海餘瀝...
第三章 學事宗教 第一節 學校
寛政の職制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明倫堂創設の際に於ける職員は、年寄奧村尚寛・横山隆從・前田孝友及び家老大音帶刀を
總裁とし、定番頭並不破和平外三名を學校頭とせしが、寛政四年三月...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田治脩
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田治脩は第十一世の藩主なり。政に勵み、學を務む。寛政三年國老奧村尚寛に命じて學
校を興さしめ、四年二月兩校成る。文には明倫堂といひ聖經賢傳を授け、武には經武館と
いひ弓馬劍...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
溪 世尊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
餘師等を著す。その註釋親切を極め、大に初學に利あり。又時々藩主の講に應じ、學校に
出でゝ經を講ず。蓋し奧村尚寛の勸告によるなり。蝦蟇説蝦蟇之未レ長。名曰二蝌蚪一。
善游二泳水一。掉レ頭搖レ尾。自以爲レ龍也。與二水...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
鶴見憲勝 鶴見憲好
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鶴見憲勝、通稱平八、初め奧村尚寛の臣となり、後明倫堂助教を命ぜらる。憲勝新井祐登
の高弟たるを以て、祐登易學をその子篤光に授けずしてこ...