石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第二節 祿制
夫銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
夫銀も亦給人所得の一にして、初め夫錢といへり。前田利家就封の後、印書を領内に下し
、丁夫を徴して土功又は力...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
歩苅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
にして一歩當り。此米一反當り二石九升八合八勺但三百六十歩一反にして。内二斗四升一
合六勺(四勺カ)口米夫銀、但夫銀石に付二十八匁にして。一石(殘)八斗五升七合(四
勺カ)此米免ニ仕候得者十二免三歩。此内六分百...
第一章 制度法規 第四節 租税
地子役
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
之圖を以小拂所より銀子請受申候。但七ヶ所之外、地子町より人夫指出不レ申候。一、本
町より、爲二役銀並人夫銀一、毎歳七十貫目計取立申候。此銀子を以、傳馬役銀、觀音舞
臺等普請並能入用、本町木戸等普請入用、町役者...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
誤謬の歩苅法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
反三百歩を斗代一石五斗にて除したる前出享保度の算法と結果を同じくすといへども、源
五が定納一石に對する夫銀米を、産米總額の一石より天引したるは全く誤謬とし、之を明
暦及び享保の算法によりて考ふるに、先づ産米總...
第一章 制度法規 第四節 租税
村萬雜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
凡そ百姓は、知行主たる給人に對して定納・口米・夫銀を納入し、又藩に對して正租と小
物成とを上納すべき義務ある外、尚多く郡村自治に關する費用を負擔せざるべ...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
享保の歩苅法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
べし。享保の算法は即ち次の如く、口米は定納一石に付き一斗一升二合、米價は一石銀三
十目にして定納一石の夫銀一匁四分に付き米四升六合六勺六才の割合を以て算出せり。覺
一、二升四合上中下三歩籾、米にして一升二合是...
第一章 制度法規 第二節 祿制
口米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
給人の所得は、平均免による定納の外、尚別に口米と夫銀とあり。口米は元來租米の收納
事務に關係する藩侯の代官及び藏奉行の手數料として、定納に比例して納入せし...
第一章 制度法規 第二節 祿制
一村内租率の種々なる例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石七斗八升三合菊池大學免六ッ八石一斗三升一合佐藤小傳次免六ッ六石九斗八升七合藏入
免六ッ右免付之通、並夫銀定納百石に付而百四十目宛、口米石に八升宛可二納所一。此外
敷借・小物成、別紙遺置者也。承應三年九月一日...
第一章 制度法規 第二節 祿制
一村内同免相のものを給人に分かつ例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
貞右衞門三十二石三斗二升六合藤懸兵助三十四石一斗六升六合橋爪五郎兵衞九十石一升四
合藏入右免附之通、並夫銀定納百石に付百四十目宛、口米石に付八升宛可二納所一。此外
小物成、別紙遣置者也。承應四年(明暦元年)四...
第一章 制度法規 第二節 祿制
給人知行所附の例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
千五百石與力知但與力分者加州免三ッ五分、越中能州免四ッ、餘分寄親可二收納一。右除
二山川竹木一、如レ定夫銀・口米可二收納一者也。延寶卯七年五月九日今枝内記〔今枝氏
文書〕
第一章 制度法規 第二節 祿制
給人知行所附の例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
千二百五十石加州免三ッ六歩折紙高五千石内三千七百五十石[越中能州]免四ッ一歩右除
二山川竹木一、如レ定夫銀・口米可二收納一者也。享保十四年四月二十九日印(吉徳)今
枝助九郎〔今枝氏文書〕
第一章 制度法規 第二節 祿制
山川竹木
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の名に總括せられて、藩の得分となるべきものなるを以て、之を給人の所得より除きたる
なり。所附には口米と夫銀との額を記さず。これ一藩を通じて一定の率に從ふべきものな
ればなり。
第一章 制度法規 第二節 祿制
寄親附與力の知行所付の例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
六石二斗五升下梅澤村御印免四ッ二十二石五斗定納定納〆四十五石本高百十二石五斗越中
知平均免四ッ右口米・夫銀如二御定一可二收納一者也。文久三年六月民(今枝)部印藤澤
三九郎殿〔今枝氏文書〕
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
持高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して免相に當る額は藩又は給人の收納米とし、その餘は各自の作徳米なり。作徳は作得の
意にして、その中更に夫銀・打銀・村萬雜を支出し、殘額を手取作徳と稱す。百姓は持高
を第一の資産とするが故に、頭振は高持たらんと...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
秋縮御請
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の家に召集し、當年の作柄に故障を見ることなきが故に實入り次第直に苅取り、歩入御定
に從ひて納租すべく、夫銀も亦九月二十五日までに上納すべし。皆濟せざる間は新米を食
ひ又は債務辨濟の爲に費消せざらしむべく監督し...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
新米縮方
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
新米を收穫するも、百姓は租米の上納を皆濟せざるに先だちて之を賣拂ふを得ず。但し
の如き高に懸りて課せらるゝもの及び屎代銀の支拂を要する時は、組裁許の十村より指
紙(サシガミ)を受け、...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
明暦の村御印
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明暦二年百姓方より上候付無檢地極一、十二石免二ッ四歩内二分二厘明暦二年より上る右
免付之通可二納所一、夫銀口米如レ定可レ出也。同村小物成之事一、十一匁草野役右小物
成之分者、十村見圖之上に而指引於レ有レ之者、...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
寛文の村御印
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
納所一十一石三斗翌年六月中銀子に而可二納所一此代銀三百七十二匁九分一石に付三十三
匁宛一、六十二匁二分夫銀定納百石に付百四十目宛、八月中可レ上レ之。右之通可二納所
一。但六月中納所之銀子相延、若百姓之勝手能事...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
村御印略式の一例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
より上るに付無槍地極一、百二十七石免四ッ一分内四歩明暦二年より上る右免付之通り新
京升を以可二納所一。夫銀定納百石に付百四十目充、口米石に一斗一升二合充可レ出也。
同村小物成之事一、百五十五匁山役一、二匁綿役...