石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家夫人の晩年
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利家の薨後、その夫人は落飾して芳春院と號し、後慶長五年伏見より江戸に往き、徳川氏
に質となる。夫人素より紫野大徳寺なる春屋...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
宇喜多秀家の配流
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
三國の領主宇喜多秀家、その長子八郎・次子小平次及び僕隸十人と共に八丈島に配流せら
れたるを以て、秀家の夫人は前田氏に復歸せり。夫人は利家の子豪姫にして利長の妹たり
。世に備前君と稱せらる。秀家關ヶ原の戰に於い...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
綱紀その夫人を迎ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
此の年春、利常は會津侯保科正之に女あるを聞き、迎へて綱紀の夫人たらしめんと思へり
。正之は二代將軍秀忠の庶子にして、三代將軍家光の異母弟に當り、而して綱紀は家光の
養...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
時宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て慶長十六年高岡に移らしむ。利長の薨後、元和三年利常は又之を金澤泉野の地に遷らし
め、利長の後室玉泉院夫人も深く之に歸依せり。是を以て夫人の歿後、寛永六年その七回
忌を淨禪寺に營むに當り、寺號を玉泉寺と改め、...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
齊泰夫人金澤に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是より先慶寧は、その母にして齋泰の夫人たる徳川氏の江戸に在りしを以て、二月二十二
日之を金澤に迎へんことを請ひ、尋いで許可を得たり。徳川氏乃...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
天徳院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天徳院は寶圓寺と同じく金澤の小立野に在り。元和八年三月前田利常の夫人逝去す。夫人
は將軍秀忠の第二女なり。因りてこの地に葬り、翌九年大伽藍を傍に營み、夫人の法號に
よりて天...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
歳にして家を繼げり。この際幕府と加賀藩との關係を圓滑ならしむべきもの、一に光高の
後室あるによりしが、夫人も亦久しからずして逝去せしかば、老侯利常の困屯殆ど言ふべ
からざるものあり。則ち之が缺陷を補はんが爲に...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
前田利政の末路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
越登賀三州志の註にも之に類する説を擧げたるを以て、寧ろ眞相を得たるものたりと考へ
らる。蓋し利政がその夫人の安危に關して憂心忡々たるものありしは事實にして、六月十
六日夙く之をその領邑に迎へしめんと謀りたる證...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長夫人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利長の夫人は、織田信長の第四女にして、豐臣秀吉の側室淀君及び徳川秀忠の夫人崇源院
に對し從姉たり。天正九年十二月...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
安見隱岐
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
れば、乃ち鬪爭を挑みて之を斬れり。寛永十三年利常淺野光晟の邸に至る。光晟の室は即
ち利常の女滿姫なり。夫人問ひて曰く、嚴君の領内方今無事なりやと。利常曰く、唯勳臣
相和せず、動もすれば余の患を爲すあるのみ。安...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
光高夫人の來嫁
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して將來大に兩家門の關係が圓滑となるべきを思ひて、喜悦の情を禁ずる能はざらしめた
るなるべし。光高の新夫人大姫は、實は水戸侯松平頼房の女にして、光圀の姊なり。寛永
八年十二月十日將軍家光之を子養し、その利常に...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
し候儀可レ爲二曲言一車。』との條あるを以てこれを知るべし。然るに城内に在りては、
是より先慶長六年利常夫人が三歳にして入輿せる後、之を慰むるがため素人踊などの行は
るゝありしかば、遂には一般に法令弛廢の因を爲...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
重教夫人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
重教夫人は紀伊侯松平宗將の女千間姫なり。夫人初の名は勝姫、後に套姫と改む。寳暦十
一年十一月二十七日入輿し、享...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
清泰院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
光高の夫人清泰院は、文學に嫻ひ、和歌に志を寄す。光高初め儒學に偏して、和歌を輕ん
ず。一日夫人の室に入り、屏障に...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
祈禱と戒嚴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利常の在陣中に於ける領國内の事情は、之を明らかにすべき資料を得ずといへども、利常
夫人が侯の安否を憂へ、用人興津内記を越中の埴生八幡宮に詣でしめて戰捷を祈願し、社
人をして護符を上らしめた...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
利常夫人の逝去と天徳院の建立
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
八年三月三日利常の夫人、女夏姫を生む。既にして健康順を失ひ、夏に至りて疾益激しか
りき。利常憂苦に堪へず、普く良醫を求めて湯...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
元和の火災
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
金澤城は元和六年十一月二十四日長局の失火によりて再び災に罹れり。この時利常夫人
難を興津内記の邸に避け、利常は北ノ丸なる山崎光式の邸に入りしが、翌日更に横山長知
の家に轉ぜり。因り...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
歌舞伎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
當時犀川及び淺野川の河原に踊・操等を興行するもの漸く起りしが、彼等は利常夫人及び
公子の觀覽に供せんが爲、時々城内に招かれてその技を演じ、夥多の金品を與へられたり
き。こゝに至りて...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
光高夫人の略歴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
光高の夫人は將軍家光の養女大姫にして、實は水戸中納言頼房の女なり。或は言ふ、大姫
は固より家光の女なりしが、故あ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
利常夫人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利常夫人は徳川秀忠の第二女にして、子々姫又は禰々姫といひ、後に珠姫といふ。慶長四
年三月生まれ、五年十一月婚を...