石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
太田美農里
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
太田美農里、諱は眞章、雪嶽と號す、洋醫を以て名あり。初め句讀を明倫堂の學士渡邊栗
及び長井平吉に受け、好みて詩を...
第三章 學事宗教 第八節 科學
太田美農里
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
太田美農里、諱は眞章、幼名莊藏、次いで良策・登・美農里と改め、雪嶽と號す。天保二
年金澤に生まる。父耕民醫を以て...
第三章 學事宗教 第八節 科學
田中信吾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
しかば、藩は遂に之を容れ、卯辰山に養生所を興し、醫生の養成と患者の診療とを開始せ
しが、信吾は明治元年太田美農里に代りてその頭取に任ぜられたりき。同年奧越の役あり
、信吾監軍に從ひ醫務に服し、三年正月權少屬に任じ醫...
第三章 學事宗教 第一節 學校
藩末の醫育
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
醫師たりしを以て、文久二年に至りては傍ら蘭醫學の會讀を爲すことゝなり、黒川良安・
津田淳三・明石照齋・太田美農里[初良策]・田中信吾[初一庵]・鈴木儀六等、皆自宅
に醫業を開くの傍壯猶館に出務してこの事に從へり。而...
第三章 學事宗教 第一節 學校
卯辰山養生所
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
益旺盛なるに至りしかば、慶應三年七月更に壯猶館より獨立して卯辰山養生所を設立し、
黒川良安・津田淳三・太田美農里・田中信吾相繼ぎて之が棟取に任ぜられ、學理の研究と
共に臨床治療に從事せり。これ即ち病院を置きたる始に...
第三章 學事宗教 第一節 學校
醫學館 卯辰山貧病院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ゝに至りて始めて學校を主とし病院を從とするの制となる。醫學館の設立に盡力せしは、
黒川良安を筆頭とし、太田美農里・田中信吾・津田淳三・高峰精一等之に次ぎ、その教師
に任ぜられしものも亦彼等を巨擘とせり。醫學館の開か...
第三章 學事宗教 第八節 科學
在藩の蘭法醫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
知行は大聖寺藩醫となり、淳三は加賀藩醫に任ぜられ、共に耆婆扁鵲を以て稱せらる。降
りて嘉永中に金澤の人太田美農里あり、安政中に小松の人田中信吾あり。皆適塾に入りて
錚々の名を得たり。是より後良安を以て耆宿とし、淳三...