石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
天台宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
時代の佛教は、一向宗最も廣く普及したりしを以て、天台・眞言二宗の勢力を失ひたるこ
と言を待たず。その中天台宗にして重きを爲したるものに、城内に祀りたる東照宮に奉仕
し、且つ將軍歴世の靈牌を安置したる神護寺ありと...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
光高東照宮を祀る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
澤に着して九月十七口遷宮の式を擧ぐ。後又城外に別當屋敷を營み、常照院の代僧松植院
之に居り、更に金澤の天台宗出雲寺等神勤せり。
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
那谷寺の改造
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に老せし後、一日近郊に放鷹して途次那谷寺に憩へり。那谷寺は白山所屬の所謂三箇寺の
一なるを以て、固より天台宗なりしといへども、この時既に眞言に轉じたるのみならず、
伽藍頗る荒敗せしものゝ如くなるが、その境内は老...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
日脱
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
へて怨を身延に構ふ。日脱之を公廳に訴ふ。官則ち悲田停禁の令を發し、遂に小湊・碑文
谷・谷中の三寺を以て天台宗に屬せしむ。六年五月東山天皇その功を賞し、賜ふに紫衣を
以てせり。之を身延賜紫の始とす。十一年九月七十...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩に於ける各宗門の事情略前述の如し。今之を終るに臨み、各派寺院の名稱及び所在
を附載す。天台宗寺院東照宮社僧神護寺金澤西町城内東照宮供米百貳拾石社僧東叡山常照
院兼帶に付安住寺出雲寺最勝寺下裁許を...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
那谷寺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
のは、岩石より成る絶壁中に洞窟を穿ちて觀音堂を設けたるに因る。元來白山寺末院の一
たりしものなるが故に天台宗に屬せしなるべしと思はるゝも、近代に在りては轉じて眞言
となりしなり。天正中兵燹に係り、伽藍一たび廢頽...