石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
その他の詩人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
裔孫なり。能く祖訓を守りて濂洛の學を固執し、性瀟洒にして詩書を好む。蕙齋の江都に
在りし時、市川寛齋・大窪詩佛・菊池五山等と訂盟往來せり。柴原善・稻垣韶またこれと
時を同じくす。韶の門多く明倫堂學士を出しゝが、就...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田齊廣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
最盛期に在りき。文政四年齊廣市川米庵を祿して、その子齊泰の入木道の師たらしむ。米
庵は寛齋の男にして、大窪詩佛等と共に大に宋詩の鼓吹に淬礪せり。當時又來寓の學士に
は海保鶴・浦上紀弜・梅辻希聲・齋藤弘美・安井敬英...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田齊泰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。齊泰初め奧村榮實を擧げ、繼いで奧村惇叙を用ひて學校總奉行と爲し、努めて學制を釐
革せり。此の時に當り大窪詩佛の金城に來るありて、大にその平淡流暢の詩風を傳播し、
劉石秋の來寓するありて又詩作の法を説き、同時に士...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大地文寳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
左衞門又は縫殿左衞門。字は伯政、蕙齋又は拙靜と號す。昌言の孫なり。性瀟洒にして詩
書に耽り、市河寛齋・大窪詩佛・福原五岳等と相唱酬し、文書を谷文晁に學びて殊に蕙蘭
を能くす。文政十年十二月三日五十一歳を以て歿す。...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
横山政孝 横山政寛 横山蘭蝶 横山蘭畹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
となれり。天保七年歿す、年四十九。政孝最も易を好み、亦詩を善くす。平生古賀侗庵・
柴野碧海・永根伍石・大窪詩佛・五十嵐竹沙等と交る。その詩集中に、蓮湖に遊ぶの詩多
きを以て、伍石嘗て蓮湖長の印を刻して之を贈る。因...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
市川三亥 市川三乿
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
法を極め、名聲天下に高し。文政四年前田齊廣之を祿し、其の子齊泰の師たらしむ。三亥
書道の傍ら詩を好み、大窪詩佛・菊池五山等と宋詩を唱道す。然れども詩名は書名の爲に
壓せられて、世に彰れず。弘化元年金城靈澤碑を兼六...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
龜田 章
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
圃なり。性情澹雅莊にして日を吟哦に送り、野村圓平・横山政孝等と相會して唱酬し、造
詣する所極めて邃し。大窪詩佛の加賀に遊ぶや、章之を迎へて雌黄を囑す。既にして文政
十一年京師に遊び頼山陽に師事し、山陽は之を待つに...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
野村圓平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
業に志し、西は九州の窮極より、東は仙薹・青森の天地を踏破し、到る處名家の門を叩き
て唱酬を求む。その間大窪詩佛を師とし、日野資愛・菊池五山・谷文晁・市河米庵・頼山
陽・篠崎小竹・小石樫園・田野村竹田・浦上春琴・雲...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
東方潜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
老人・偏枯等の號あり。世々大聖寺藩に仕へて、祿百二十石を食み、頭分に班す。潜經を
山本北山に習ひ、詩は大窪詩佛に質し、書は市川米庵に學ぶ。文久元年九月十一日七十五
歳を以て歿す。初冬漠漠新寒未レ慣レ躬。夜來風霰打...