石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 大聖寺藩治一斑
大正持
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
三壺記の文中に大正持と記したるは固より大聖寺にして、本來の地名が寺號より起りしを
以て之を避けたるなり。元祿元年六月二十三...
第六章 大聖寺藩治一斑
利治の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ありしが、利治之を罰すること極めて嚴峻なりしかば、能く奸惡の跡を絶つことを得たり
き。同年(承應元年)大正持にて、在々所々へ五人七人の同類にて夜盜に入、家内の者を
しばり置て敢て出るも有、切殺し敢て行も有、御吟...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
大阪夏陣之覺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
事。一、御家之小荷駄奉行極たるは無二御座一、人々手前より裁許之者相添、惣人數之跡
に遣候と覺候由に候。大正持御陣之(大聖寺)節者、高知御小姓かわる〲被二仰付一候事
。以上〔古蹟文徴〕
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
菟裘を小松に營む
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
小松へ參り、御城中へ入て繩張を極、堀・塀などを申付る所に、御繪圖等出來す。又追付
御家中、小松・富山・大正持(大聖寺)の衆も相極る。小松城には其頃前田志摩(孝知)
・前田長松(孝貞)、前田長次郎(恒知)・竹島(...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
光高の卒去
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
澤より前田志摩、小松より小幡下野と有レ之所に、下野病氣に取結び、寺西若狹に相替る
。富山より近藤甲斐、大正持(大聖寺)より才監物也。其外歩行・料理人何茂御供致しけ
る。高野山天徳院にて御法事御執行、御位牌・石塔...
第六章 大聖寺藩治一斑
利治の隨臣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
衞門・河池才右衞門・深町孫市・岡崎安左衞門、其外の士・與力・歩士等追々に引越す。
十月十日(十七年)に大正持大地震ゆり、町家悉く破壞し、押倒され、人馬死する事夥し
。武家も家破却して、作事出來せし人は、二度造作...