石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
大樋燒の釉藥
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大樋燒の釉藥は唐土・白玉・日の岡を調合したるものにして、色彩を現すには紅殼・緑青
等を混入す。この窯の創始時...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
大樋燒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
如くなるも、尚樂燒にありては能美郡に粟生屋物のありたる外、金澤に大樋窯及びその支
系に屬するものあり。大樋燒は遠く古九谷窯の中期に起り、連綿として今日に及びたるも
のにして、寛文六年加賀侯前田綱紀が京都の茶人千...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
大樋燒の陶性
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大樋燒は初め河北郡春日山・法光寺及び宗室の秘示せる同郡山上村の粘土、越中の白土等
を混用し、後には能美郡又は...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
大樋長左衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大樋燒の宗家たる長左衞門は、舊と河内の人なりとせらる。明暦中京都二條瓦町に住し、
樂の一入齋吉兵衞に師事せし...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
陶業の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
小礫五枚を藏せしことあり。樂燒に白紬を施し、青華を以て香魚を描きしものにして、春
日山窯開設以前、侯が大樋燒に倣ひその製造を試みたるものなりと言はる。治脩の意製陶
の國産に益あるを知り、之が勸獎の企圖ありたるを...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
越中屋兵吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
去れる後は、徳右衞門と共に製陶に從事したりしが、その廢窯するに及び獨立して樂燒の
製造に從事せり。世に大樋燒の異趣あるものにして、卯辰樂燒と稱せらるゝあり。これ或
は兵吉の遺製なるべしといはる。安政三年六十七歳...