石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大島維直
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大島維直、字は無害、通稱忠藏、贄川と號し、所居を三古堂といふ。越中魚津の人なり。
その叔父金澤に在るもの、之を...
第三章 學事宗教 第一節 學校
學生數
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
講書聽聞をのみ許すことゝせり。されば當時その實數凡そ幾何に上りしやは之を知ること
能はざるも、文化十年大島維直の建言中に素讀生の三百人を越ゆることを記し、天保九年
大島桃年の學政私考中に生徒人數大略二百人と圖り云...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田齊廣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
渡邊栗・林瑜等を擢でゝ明倫堂學士と爲し、其の他富田景周・林翼・三宅邦・木下推の如
き前代の遺老尚存し、大島維直・金子有斐・龜田景任・津田鳳卿等篤學の士は活躍の最盛
期に在りき。文政四年齊廣市川米庵を祿して、その子...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
木下 推
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
れて家に屏居せり。十一年藩主前田齊廣命じて、その罪にあらざるを以て本職に復し、侍
讀を兼ねしむ。推嘗て大島維直等と藩學の改革に盡力し、功を以て白銀を賜ふ。文政元年
歿す。次子衡家を襲ぐ。失題一道斜陽界二短蒲一。江...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
西坂 錫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
西坂錫、字は子衷、成庵と號し、初め大島維直に就きて學ぶ。天保二年藩命を以て昌平黌
に入り、業を受くるの傍ら藩祖盛烈記を著す。その交遊最も廣く、安...