石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大地昌言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大地昌言、字は士兪、一字は行甫、通稱を新八郎といひ、東川・遜軒・毖齋・奚疑等の號
あり。室鳩巣の外甥にして、學...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
性理學の祖述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
にして共に金城に來り、經史を由貞に受け旁ら文辭に通ず。その帷を下すや、從遊するも
の頗る多し。享保の比大地昌言あり。鳩巣の外甥を以て、學古今を貫淹し、蔚然たる大家
なり。
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩界の革新
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の事所レ希候。』といふもの、偶以て當時鳩巣の地位を察すべきなり。この鳩巣の門に出
でゝ白眉たりしものを大地昌言とし、昌言の同窓小瀬良正の詩も亦絢爛の奕々たる霞錦の
灼々たる、新井白石常に之を推賞して措かざりき。同...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
印牧直方 印牧直道
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
憶五千言土苴。不レ如一樹發二芳妍一。直方嘗て一夜聯句千章を賦す、故に句中之に及ぶ
。其の子に直道あり、大地昌言に學ぶ。哭二陸渾先生一冠纓濯去臥二滄浪一。丘壑蹉跎白
髮長。四壁琴書歸二涕涙一。百年藜藿富二文章一。青...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
加藤重之 野村重威 山本基庸 石黒知幾 成田明遠 稻垣安根 稻垣秀賢 松崎禮和 小堀永頼 山崎長質 熊谷敬直 山脇敬美 大河原長發 佐藤弘道
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
以上大地昌言を除き、他の七人は所謂室門の七才と稱するものあり。何れも經學或は詩賦
を以て當時の人士に鼓吹せるもの、...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田宗辰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田宗辰、字は伯拱、梅塢・晧然齋・闇章堂の號あり。儒を聘し學を崇び、才を擇びて吏
に任じ、特に大地昌言に命じて侍讀たらしめき。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
高畠慶成
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
高畠慶成、字は之善、大地昌言の門人なり。思を六經に專にすること三十年、その見る所
往々師の右に出づるものあり。盖し學者の弊は高談空...