石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第四節 髹漆
山中塗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
き、弘化より以降蓑屋平兵衞は木地挽に天才的手腕を發揮して糸目挽を創め、筋物挽の祖
と稱せられき。次いで外國貿易の行はるゝや、萬延元年山野屋理八は大坂の井波屋嘉助と
共に長崎に販賣を試み、文久中には山中に漆器會所を...
第五章 殖産製造 第七節 製織
大聖寺附近の製絹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
熊谷の製に模したるものなるを以て、又武州絹ともいへり。而して當時の年産額は約二萬
疋なりしが、安政以降外國貿易の開かるゝに及び、俄に増加して四萬疋となり、之と同時
に粗製濫造の弊に陷りしを以て、慶應中再び減退し、...