石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
堀四郎左衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
堀四郎左衞門、幼名は鎗太郎、諱は政材。馬廻組に班し、秩百五十石を食み、明倫堂句讀
師・郡奉行・馬廻番頭を經、後組外...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
齊泰父子幕府の徴命を辭す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
斷じて幕府の命に應ずべきにあらずと。因りて富太郎・恒太郎は上書しで論爭し、また慶
寧の近臣大野木源藏・堀四郎左衞門・久徳傳兵衞に勸めて諫止せしめんとせり。齋泰乃ち
慶寧の侍讀千秋順之助に諮詢せしに、順之助も亦所見を述...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧上洛の志を決す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
邪を屠る如きは壯年の士專ら之に當らんと。因りて奔走畫策至らざる所なかりしに、久徳
傳兵衞・大野木源藏・堀四郎左衞門等も亦同志を輔けて屢献言するに至りしのみならず、
慶寧の侍讀千秋順之助は側近に在りて勸奬に努めしかば、...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧鎖港の決行を促す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
丸・杉山松齋等と往復し、彼等の所論を慶寧に傳へて益正義を鼓吹せんことを謀り、而し
て家老松平大貳・近臣堀四郎左衞門・侍讀千秋順之助等皆之を助けたりき。是に因りて慶
寧の志益堅く、六月五日遂に自ら閣老水野和泉守忠精に至...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の退京提議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しく居る能はざるが故に、別に禁闕守衞の任に當る者を留めて一たび軍を退くるに如かざ
るなりと。松平大貳・堀四郎左衞門・千秋順之助等亦之を是なりとし、將に旅程に上らん
とせり。
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の捕縳と慶寧の幽居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
後玉井勘解由の邸に移せり。翌日藩又守衞を公事場に繋ぎ、十六日遂に不破富太郎・青木
新三郎・大野木源藏・堀四郎左衞門・千秋順之助及び野口斧吉を拘致するの令を發す。こ
の日源藏・順之助・新三郎は、慶寧に從ひて小松に達せし...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
本多政均等の執政と關係者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
之助切腹人持組大野木將人弟大野木仲三郎切腹料理人青木新三郎流刑慶寧附大小將頭大野
木源藏流刑慶寧附物頭堀四郎左衞門流刑使番久徳傳兵衞生胴青山將監附與力福岡惣助刎首
定番歩士組小川幸三永世主人預入獄[年寄横山三左衞門給...