石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利常、利長の養老封を受く
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この頃土井利勝は、將軍秀忠の台旨を奉じて駿府に到り、利常をして利長の遺領を繼承せ
しむべきや否やに就いて、家康の指令...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
政重二萬石を賞賜せらる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
假令侯の賞賜あるも五萬石以上を受くべからずと戒めたりしによると。利常が六月十六日
書を本多正信父子及び土井利勝に與へて、政重が先侯利長の遺命を奉ぜざるを嘆じ、彼等
の説諭によりて政重を承服せしめんとせるは、利常が...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利常の土井利勝に與ふる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
一書申入候。繼目御前あいすむにおいては、しをきはつとの儀、それ〲のやく人、れん〱肥
前(利長)申をき候...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
横山康玄の辯解
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
府、我が老臣を召して訊す所あるべきを傳ふ。利常乃ち横山康玄をして登營せしむ。康玄
の城中に至るや、閣老土井利勝之を延き先づ問ひて曰く、今天下泰平にして萬姓驩娯せり
。然るに汝の主君新たに多く士人を祿する者は何の故...