石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
國平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二代家平は享保の初年に至りて名を國平と改め、同十七年に歿す。その子吉右衞門家弘繼
いで二代國平となる。その作品の遺るもの少し。寶暦八年歿す...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
陀羅尼系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
━━━━━━━━━━━━━━━┛┃┃初吉兵衞、初め二代家平、正徳中改銘二吉右衞門
、初家弘三橘藏┃┗━國平━━━━━━━━━━━━━━━━┳━國平━━━━━━━━
國平━━━━━━┓┃代享保十七年歿┃代寶暦...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
山林の下苅特許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
レ兼之若・家平・光平・幸昌・信貞・家忠・勝國等、御林六ヶ所之下刈被二仰付一。』と
いひ、又享保元年四月國平・家忠・包廣・光平・幸昌・勝家・國重・家弘等より町奉行に
提出したる願書にも、『去年も度々御歎申上候通...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加州刀の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の必要新たに起りたるものゝ如く、天保元年鍛刀の資材に就いて覺書を徴したるもの今に
存す。その提出書には國平・清光・信政・勝國・兼久・幸昌の外、移入の工人信右・貞之
二人を列記せり。蓋し當時に於ける工人の全數な...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
享保の不振
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
國以後技倆次第に庸劣に傾くも、尚能く明治期に入りしが、兼若はその子助太夫兼若の逐
電によりて退轉せり。國平は二代家平と同人、家弘は二代國平にして、陀羅尼の分派洲崎
家忠の直流に屬するものとし、子孫文政の頃に及...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
極度の衰廢と藩の合力
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に精勵なるものを賞して三人扶持を給して之を保護したりしが、當時の刀工僅かに泰平(
初代)・幸昌・信友・國平・清光・勝國の六人を數ふるに過ぎざりき。しかも窮乏せる藩
の財政は久しく之を繼續するに堪へず。明和六年...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
國光
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
洲崎氏最後の刀工を幸次國光といひ、彼は慶應三年父吉郎の後を受けたるも、その國平
襲銘せず。作風は吉郎國平に似て上作ならざるもの多し。明治廢刀の後普通の刄物鍛冶と
なりて、大正二年歿...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
後代家忠
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛文・延寶の四郎兵衞家平と享保の四郎兵衞家忠との別人なることは前に言へるが如し。
享保の家忠は吉兵衞國平(二代家平同人)の養子たりしが、後に吉兵衞に實子吉右衞門の
出生したるを以て國平を繼承する能はず、寛文...
第一章 領主及び領土
前田氏の三州統一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
九月長重と和せり。既にして利長上國に赴き、十月十七日家康に謁せしに、家康は榊原康
政を遣はし、利長が北國平定の功を賞して、丹羽氏の舊領能美郡八萬石及び石川郡松任四
萬石、山口氏の舊領江沼郡七萬石、前田利政の舊...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
心學の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
めたりしかば、大に時好に投じて世の歡迎する所となれり。而も心學は單に修身齊家の學
たるに止り、進みて治國平天下の術に容喙することなかりしを以て、その學徒は黒羽織黨
の如き抑壓を受くることあらざりき。
第四章 美術工藝 第六節 刀工
嘉永以降
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
しが、その刀工には藤江氏の清次郎清光を筆頭とし、木下氏の兼重・兼豐兄弟、松戸氏の
榮次郎勝國、洲崎氏の國平・國光父子、杉本氏の信政・信友父子、その他押水甚藏正國・
永井保之丞信義等ありて群雄割據の状を呈せり。...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
正國
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉郎國平の門人に押水甚藏正國といふものあり。藩末慶應頃の作品多しといへども、作位
上らず、概ね國光に類す。
第四章 美術工藝 第六節 刀工
越前系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
繼弟初養子、喜右衞門、吉平二┗━重繼━━━━━━守次━━━━━守平━━━━━━━
━━━━━守平代代元國平門人、後信友門人代この系圖に據れば、重繼の先重次は寛永の
頃越前より來り、而して刀工重繼の累銘四代に亙...
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
國村氏 國永氏 村澤氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
五十俵を給せらる。世にその作を次郎作彫といひ、加賀彫の祖なりと稱す。その門人與三
左衞門國安・三右衞門國平・助左衞門國政・八左衞門國長・權右衞門國忠・喜兵衞國光等
は、皆師の名によりて國永を氏とせり。次郎作十...