石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工保護の停止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
自然と職道修行之義勢相泥み不レ堪二心痛一候へ共、幸ひ御一新之折柄前條之次第逐一奉
二言上一、後代神州治國光武之御爲、格別之御詮議を以、私共職今一際御取立可レ奉二願
上一奉レ存、從二今度一御扶持方一統廢止被レ爲...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
國光
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
洲崎氏最後の刀工を幸次國光といひ、彼は慶應三年父吉郎の後を受けたるも、その國平を
襲銘せず。作風は吉郎國平に似て上作ならざるもの...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
嘉永以降
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その刀工には藤江氏の清次郎清光を筆頭とし、木下氏の兼重・兼豐兄弟、松戸氏の榮次郎
勝國、洲崎氏の國平・國光父子、杉本氏の信政・信友父子、その他押水甚藏正國・永井保
之丞信義等ありて群雄割據の状を呈せり。然れど...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
陀羅尼系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┃┃四藤三郎五吉郎幸次┃┗━國平━━━━━━
國平━━━━━━┳━國光┃代天保六年歿代慶應三年歿┃大正二年歿┃┃┃┃門人、押水
甚藏┃┗━正國┃┃┏━━━━━━━━━━━━...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
正國
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉郎國平の門人に押水甚藏正國といふものあり。藩末慶應頃の作品多しといへども、作位
上らず、概ね國光に類す。
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
國村氏 國永氏 村澤氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
祖なりと稱す。その門人與三左衞門國安・三右衞門國平・助左衞門國政・八左衞門國長・
權右衞門國忠・喜兵衞國光等は、皆師の名によりて國永を氏とせり。次郎作十左衞門十左
衞門與右衞門與右衞門與平次彌左衞門國永━━┳...