石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工保護の停止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
自然と職道修行之義勢相泥み不レ堪二心痛一候へ共、幸ひ御一新之折柄前條之次第逐一奉
二言上一、後代神州治國光武之御爲、格別之御詮議を以、私共職今一際御取立可レ奉二願
上一奉レ存、從二今度一御扶持方一統廢止被レ爲...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
國光
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
洲崎氏最後の刀工を幸次國光といひ、彼は慶應三年父吉郎の後を受けたるも、その國平を
襲銘せず。作風は吉郎國平に似て上作ならざるもの...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
鈴 ヶ 嶺笹川天坂寺分五郎左衞門分神 和 住中齋十 郎 原(以上上町野郷)當目大箱五
十 里柳田石井國光鴨川麥 生 野徳成谷内徳成東圓山長尾小 間 生桐畑(以上中町野郷。
この郷の内、黒川・河内は幕府領なり...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利常、利長の養老封を受く
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
於けるが如くなるべしといへども、その品目は傳はらず。而して秀忠は利常に長銘正宗の
太刀を、奧村榮明に來國光の太刀を賜へり。この日秀忠も亦家康と同じく、三ヶ國永封の
朱印状を利常に與ふ。是に於いて利常は、十月朔...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
將軍綱吉の臨邸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
・金三百疋・時服百・緞子五十卷いろ繻子五十卷・猩々緋三十間・綿五百把、御さかづき
のとき郷の刀、新藤五國光のさしぞへ、内々より茶壺[きつや肩衝]・徐熈の畫幅・箱肴
、又左衞門より助長の太刀・銀三百枚・羽二重百...
第六章 大聖寺藩治一斑
利治の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に火をかけ立退にけり。又或時潮津村(同郡)の肝煎兵左衞門所へ七人忍び入所を、亭主
心得たりと起上り、來國光の二尺八寸是にあり、一人もあます間敷とて刀を拔出ければ退
散して見えざりけり。或時江戸詰の足輕の家へ亂...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
嘉永以降
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その刀工には藤江氏の清次郎清光を筆頭とし、木下氏の兼重・兼豐兄弟、松戸氏の榮次郎
勝國、洲崎氏の國平・國光父子、杉本氏の信政・信友父子、その他押水甚藏正國・永井保
之丞信義等ありて群雄割據の状を呈せり。然れど...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
陀羅尼系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┃┃四藤三郎五吉郎幸次┃┗━國平━━━━━━
國平━━━━━━┳━國光┃代天保六年歿代慶應三年歿┃大正二年歿┃┃┃┃門人、押水
甚藏┃┗━正國┃┃┏━━━━━━━━━━━━...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
正國
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉郎國平の門人に押水甚藏正國といふものあり。藩末慶應頃の作品多しといへども、作位
上らず、概ね國光に類す。
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
國村氏 國永氏 村澤氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
祖なりと稱す。その門人與三左衞門國安・三右衞門國平・助左衞門國政・八左衞門國長・
權右衞門國忠・喜兵衞國光等は、皆師の名によりて國永を氏とせり。次郎作十左衞門十左
衞門與右衞門與右衞門與平次彌左衞門國永━━┳...