石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
延寳に於ける變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は益實用より離れ、一般の美術工藝品と同視せらるゝに至り、而してこの傾向を最も能く
具現したる刀工に辻村四郎右衞門兼若と出羽守高平との兄弟並びに洲崎四郎兵衞家平あり
四郎右衞門兼若は今日世人の擧つて名工と認むる者なるが...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
四郎右衞門兼若 景平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
三代四郎右衞門兼若は越中守高平の長子なり。その賀州住兼若造元和五年八月又は元和七
年八月吉日と切れるものはその作なり。通...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
兼若の世代新説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
從來二代と目せられたる甚六兼若即ち越中守高平にして、二代を四郎右衞門景平とし、三
代を又助兼若、四代を四郎右衞門兼若、五代を甚太夫兼若と序次し、しかも高平と景平と
にはその初銘の兼若たりしことを記せず。是を以て五代甚太...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工衰運の兆
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るを以て、この難局を打開すべく努力したる結果、人目を惹くが爲新奇を衒ふの必要を生
じたるにあらざるか。四郎右衞門兼若等が刄文に一工夫を凝らしたるも、亦同じくその窮
餘の一策なりしやも知るべからず。而して此の鍛壇の競爭に...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
又助兼若
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
之を目して凡工と評する者尠からざるも、その實用的見地よりすれば、古來郷土に於いて
名工と稱せらるゝ五代四郎右衞門兼若に優る所あるべし。その銘は賀州住兼若と切り、五
代の五字銘と區別すること困難なるもの多し。
第四章 美術工藝 第六節 刀工
四郎右衞門兼若
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
兼若の五代は四郎右衞門なり。幼名四方助。その兼若を襲銘せるは延寶五年父の歿後なる
も、寛文年間の兼若作...