石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
四方助兼若
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
られ、且つ手腕凡庸にしてこの兼若と格別の差あり。思ふに研究を經ざる江戸刊本に誤ら
れたるものなるべし。四方助兼若の作風は純然たる美濃傳にして、姿は反り稍淺く、身幅
廣く、元先の差少く、重ね薄く、鎬幅稍狹く、中切先延...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
延寳に於ける變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。從つて日本刀の本質たる鋭利を尊重する點より觀察せば、四郎右衞門兼若如何に巧手な
りといふとも、天正の四方助兼若、慶長・元和の甚六兼若に比して遠く及ばざるものある
べし。當時の作風は之を前期に比するときは、姿態益優...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
兼若の世代新説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
載のものに、景平を三代兼若として補ひたるものに過ぎず。然るに享保五年書上の兼若家
由緒書によれば、初代四方助兼若は濃州住にして加賀に來りしことなく、當國に於ける初
祖は從來二代と目せられたる甚六兼若即ち越中守高平に...