石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
和歌と藩侯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
じたるが如く、加賀藩治の最初期に在りては、加能の地尚未だ奎星の光芒を發するに至ら
ざりしといへども、獨和歌に於いてはその片影を認め得ざるにあらざりき。即ち藩祖前田
利家が、後陽成天皇の行幸に豐臣秀吉の聚落第に...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
前田利家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藩祖前田利家、兵馬倥傯の中に在りて、能く學を好み、又和歌を能くす。後陽成天皇嘗て
豐臣秀吉の聚樂第に幸し給ふや、利家之に陪伴し、和歌を作りて奉献せり。寄松祝う...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
山下清臣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
山下清臣、通稱方介、蒲園と號す。藩臣大音家の給人なり。田中躬之の門に入りて皇學と
和歌とを修め、又知友を勸誘して同じく其の門に入らしめし者少からず。狩谷鷹友の如き
はこれなり。清臣歌文を作...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
富田景周
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
こ二卷散草門類二卷莊子滙一卷癡龍畫話一卷碩琴雅譜一卷朝憲纂要一卷戴星餘唱一卷幽蘭
玉露一卷東璧新煥近代和歌選一卷臭蘭編三卷圖譜捷徑一張富氏系譜三卷陽廣公偉訓並百詠
一卷亞相公御夜話補註五卷兩亞相公治命書一卷高...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
龜田景任
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ふことあり。林翼の仲子にして、瑜の義弟なり。出でゝ龜田氏を繼ぐ。性温藉にして客を
好み、詩を善くし、又和歌に通ず。弘化元年八十の壽宴を張る時詠ぜし和歌、君侯の聞に
達し、開院宮愛仁親王及び冷泉爲全の詠草、並び...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
前田利長
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
第二世前田利長また和歌を詠ず。後陽成天皇の聚樂に幸し給ひし時、利長宴に侍して和歌
を上る。利長は筆札を尾張荒子村觀音寺の僧全...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
清泰院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
光高の夫人清泰院は、文學に嫻ひ、和歌に志を寄す。光高初め儒學に偏して、和歌を輕ん
ず。一日夫人の室に入り、屏障に鵜飼を書けるを見るに、日中...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
板津檢校
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
板津檢校、通稱巽一、諱は正的、國學に通じ、和歌を能くし、又連歌を脇田直賢に學ぶ。
綱紀の幼時より、その左右に近侍し、切磋に勉めたりといふ。著す所、正...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
高橋富兄
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文法問答は、夙く外國文典の組織に倣ひたるを珍とすべし。この他幾多の歳月と努力とに
成れる語彙・字典及び和歌集あり。又晩年に至りて考究し、學界一方の權威と稱せられた
る音韻學の如き、頗る浩翰なる編述ありしも、遂...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
弗隱
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
第十世に住す。如是庵はその書屋の號なり。弗隱眞俗の書に於いて讀まざるなく、亦晩年
皇國の學を好み、巧に和歌を詠ず。文化六年三月弗隱菅生石部神社に百首の和歌を上る。
石部神社はその産土神なればなり。文政十年二月...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家の趣味
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
流の人たりしによる。利家初め學を信長の右筆たりし武井肥後に學び、書を能くし、傍ら
算數に通ぜり。茶儀・和歌も亦之を解し、就中今春流の猿樂を學びて、その練習三日に一
回の繁きに及びたりといひ、東北・芭蕉・通盛・...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家夫人の晩年
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
き、曲彔に憑りて珠數を手にし、意氣凜然として丈夫の面目あり。宗園これに偈を加へ、
而して夫人は記するに和歌二首を以てせり。十五年五月伽藍工を竣へ、號して芳春院とい
ふ。同年夫人、能登の總持寺の山門を建立す。初...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
茶人としての南坊と利長
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、南坊が言ひし所の意を問ふ。利長曰く、この言汝輩の能く解し得ざる所なるべし。頼政
は後白河天皇に仕へて和歌に巧なりし人なり。天皇嘗て頼政に十文字の題を與へて一首を
咏ぜしむ。頼政乃ち『曙の峰にたな引横雲の立つ...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
金澤の名稱と芋掘藤五郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
)と號すとなり。藤五郎廉直なるを以て、隣郷其の徳に懷き、推して地頭となす。藤五郎
夫婦他の望なし、常に和歌を詠じて其志を頤ぶ。〔越登賀三州志〕
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
天文中初めて文献に見はる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りしものゝ如し。何となれば廻國雜記を見るに、道興准后がこの國を旅行したる際、野々
市にても、津幡にても和歌を詠じたるに拘らず、金澤に就きては一も之を遺さゞりしを以
てなり。而してその確實に金澤の名稱を發見し得...
第四章 加賀藩治停頓期 第三節 風教作振
高田善藏の忠義
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
かば、善藏その害の及ぶ所測るべからざるを思ひ、遂に命を絶つに至りしなりといふ。善
藏の家を出でしとき、和歌一首を居室の襖に題して『思ひたつ死出の山路はやすけれどは
ゝその森の露ぞかなしき』といへるもの、豫め決...
第四章 加賀藩治停頓期 第三節 風教作振
善藏の切腹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
短册やがて取出し、硯と共に參らする。高忠短册手に取りて墨摺り流し筆を染む。ワキ詞
『いかに高忠、辭世の和歌をあげて一指御舞候へ。同『しげりあふ。シテ『しげりあふ、
一村松の春の雪、消えても千代の陰にぞ有りける...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
盆正月
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
來りたり。其外桐に棲む鳳凰、又は地をかける麒麟まで來りて御賀をなすとかや。シテ『
ましてや此國は。同『和歌三神の國なれば、水にすむ白眼鯛、出世の鯉や大海老も、二見
が浦に歌をよむ、ためしは多く菊慈童の、不老不...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るべし。是を以て實際藩校の創立を見たるは、寛政中治脩の世に下り、盛岡・桑名・會津
・岡山・米澤・佐賀・和歌山・仙臺・名古屋・熊本・高知・鹿兒島・廣島・福岡・秋田・
徳島等に比して遲く、而も學頭として聘したる新...
第三章 學事宗教 第一節 學校
中學西校の學則
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
經・國史略・十八史略・日本外史・日本政記・日本書紀等にして、授業の方法は質問・會
讀・聽講の外、對策・和歌・漢詩・文章の會を設け、專ら活用の才を練磨するを目的とす
。又紀傳・文章・經學の三科を分かち、教員各自...