石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第八節 科學
宇田川玄眞と蘭法醫術の初試
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を欲したりしといへども、彼が既に津山侯の廩米を食むを以て果すこと能はず。遂に玄眞
の請を容れ、方亭及び吉田長淑二人をして代り仕へしめたりき。藩の制、藩侯に藥餌を進
むるとき、必ず一人をして之を主り、一人をして之を...
第三章 學事宗教 第八節 科學
吉田長淑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉田長淑は江戸の人なり。諱は成徳、字は直心、駒谷又は蘭馨と號す。幼にして學を好み
、幕府の醫官土岐長元の門に入...
第三章 學事宗教 第八節 科學
前田齊廣の蘭法鼓吹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るべきを諭せり。是に因りて觀れば、齊廣が蘭法醫術を鼓吹したるの功績甚だ大なりとい
ふべく、之に加ふるに吉田長淑・藤井方亭二人の蘭書飜譯の業を助けんが爲、特に廩米を
増賜して後顧の憂を除きたる如きは、往時綱紀が稻宣...