石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吉田屋窯の工場組織
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
陶業の工場組織は、何れの窯に就きても多く記録を存せず。唯僅かに吉田屋窯の状態を知
り得る如きは、窯主たりし吉田屋傳右衞門の後裔たる豐田稻一氏の現に大聖寺町に住する
ありて、若...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
蓮代寺窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て暗灰色を帶ぶる石燒を製し、色彩は交趾釉を用ひ、赤色顏料は殆ど之を用ふることなし
。色釉の種類は江沼郡吉田屋窯のものに同じといへども、彼の如く中性化せられざるを異
なりとす。葢しこの窯は、古九谷燒の作品中交趾風の...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
庄三の功績
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て殆ど極度に達したりといへども、風韻雅致を具備することなきの畿を冤るゝ能はず。古
九谷燒の青九谷類及び吉田屋窯の製品が塗詰物と言はるゝに對するときは、庄三の作品は
正に畫詰物と稱するを適當とすべし。然れども庄三が...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吉田屋窯の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀の陶磁は、一般に赤色顏料を以て本位となす。然るに吉田屋窯が全然之より離脱した
るは、古九谷燒の遺風に倣はんとしたると同時に、赤色顏料使用の困難を避けんとしたる...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
宮本屋窯の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉田屋窯の宮本屋窯となるに及び、製品も亦一變し、吉田屋時代の石燒を廢して、專ら白
磁を作りしが、その磁性温藉、...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
加賀の陶磁器
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
陶磁器の沿革は、その關係する所極めて廣汎にして、最も主なる陶窯のみに就いて言ふも
、江沼郡の古九谷窯・吉田屋窯・永樂窯、能美郡の若杉窯・小野窯・蓮大寺窯、金澤の春
日山窯・大樋窯等を擧ぐることを得べく、是等の中、...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
北市屋平吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文政四年伊勢國龜山に至りて製陶の業を學び、七年歸郷して若杉窯に入り、勇次郎に師事
せり。次いで天保二年吉田屋窯に轉じ、四年自ら小松に開窯するに及び、藩侯の御用を命
ぜられ、苗字帶刀を許さる。是より姓を石田といひ、...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
松屋菊三郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
松町松屋佐兵衞の家を襲ぎ、八日市町に陶場を開き、嘉永初年青九谷燒を改良せり。青九
谷燒は、嘗て江沼郡に吉田屋窯あり、能美郡に蓮代寺窯ありしといへども、菊三郎は前者
の如く全面を塗詰にすることなく、後者よりも純粹精...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
粟生屋源右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
貞吉の若杉窯に在りて名聲嘖々たるを聞き、その門に入りて白磁の製法を傳習せり。既に
して文政六年江沼郡に吉田屋窯の開かるゝや、源右衞門之が計畫に干與し、天保中自ら蓮
代寺窯を經營するに及びてその地位益重きを加へたり...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
江沼郡の陶業
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
古九谷窯の廢滅せしより製陶のこと全く斷絶せしにあらざるも、微々として不振の状に在
りしが、文政中に至り吉田屋窯の起るものあり。天保中宮本屋窯となり、慶應中に永樂窯
の開設となる。而してこは實に九谷燒の本宗にして、...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吉田屋傳右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉田屋窯を開創したるは大聖寺の人吉田屋傳右衞門なり。傳右衞門は豐田氏、諱は成元、
柳憲・道紀・遯庵と號し、後に...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
粟生屋源右衞門の召還
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉田屋窯の初めて開かれし地は九谷村なり。これ傳右衞門等が古九谷の遺址を求めて陶窯
を起さんと欲したるに因り、吉...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吉田屋窯の開創と移轉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
傳右衞門乃ち七年四月を以てその工場に當つべき用地を買收し、次いで製陶の事に從へり
。然るにその地山間の...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
宮本屋窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉田屋の末期に當り、宮本屋宇右衞門といふものありて吉田屋窯を管理せしが、漸く衰頽
に歸せんとしたりき。こゝに於いて宇右衞門は、窯を吉田屋より讓り受け、自から經營...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
江沼郡掉尾の快擧
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
江沼郡の窯業は、古九谷窯を初とし、吉田屋窯に於いても、宮本屋窯に於いても、常に創
意發明に富みたりといへども、之を商品としては到底能美郡の大量な...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
松山窯 勅使窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
永樂窯と時を同じくして、江沼郡松山に陶窯あり。安政中彦助といふ者白磁を製し、又文
久中山本彦左衞門は吉田屋窯の製に倣ひしが、共に久しからずして廢せり。慶應二年山本
庄右衞門亦勅使村に窯を築き、磁器を製出せしこと...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
江沼郡の陶工
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉田屋窯以後に於ける江沼郡の陶工と畫工とに就きては、單に製品を遺せる外、殆ど傳記
の明瞭なるものなし。その最も...