石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次に古九谷窯の作品に就きて見るに、その青華なると色繪なるとを問はず、畫風頗る明末
清初のものに類似すること多く、...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吸坂燒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
古九谷の開窯前に於いて、夙く江沼郡吸坂村に吸坂燒といふものありたりとの説を爲すも
のあり。京都眞清水藏六の著...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吉田屋窯の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀の陶磁は、一般に赤色顏料を以て本位となす。然るに吉田屋窯が全然之より離脱した
るは、古九谷燒の遺風に倣はんとしたると同時に、赤色顏料使用の困難を避けんとしたる
ものと見るを得べし。素地は石燒な...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
承應二年在銘の古九谷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
古九谷が明暦元年以前既に製造せられたりと思はるゝは、世往々にして承應二年在銘のも
のあることなり。石野龍山(...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷窯廢滅以後
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
古九谷窯の略元祿初年に廢絶したりしことは、前に之を言へるが如し。今之を肥前方面の
陶磁史によりて案ずるに、か...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
色彩が純粹ならざる藍なると、白磁の鼠色を帶びたるとにより、穩和にして沈着なる調和
を示す。この青華が、古九谷燒の青華よりも更に多くの鼠色を含めるは、磁質の鼠色なる
が爲に、青華固有の色彩を發揮することを得ざるに...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
後藤才次郎の製陶傳習説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て、肥前の陶業史に在りては一も九谷燒が唐津若しくは有田より分派せりとの記述を見る
能はず。之に加ふるに古九谷燒の作品に就きて研究する所の諸家は、その磁質・顏料・意
匠・圖樣の何れの點より觀察するも、毫も肥前系に...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷窯の廢絶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
古九谷窯は大聖寺藩の奬勵によりて起り、その保護によりて存續したるものなるが故に、
生産の費用徒らに多くして産...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
我が國最古磁器の一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
九谷村に於いて燒成せられたるものは、通常古九谷の名を以て呼ばるゝものにして、我が
國の生産したる磁器中最古のものゝ一に屬す。抑も磁器は支那に初り、稍...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
び、又は茶褐色を含む。而して磁質一體に乾涸なるも、若杉燒の如く脆弱にはあらず。又
その石物にありては、古九谷燒に比肩すべき精良なるものあるを見る。之を要するに、能
美郡産の原料を能く拈化燒成したるが爲に却りて若...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷燒の發祥地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀の江沼・能美二郡と越前大野郡との境界に跨れる大日山の西北麓に、九谷と稱する塞
村あり。古九谷燒の發祥せし地は、實にこの邊陬なりとす。その窯跡に關しては、茇憩紀
聞に九谷より九谷川を經て市ノ谷に行...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷創始期の推定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然りといへども、承應二年は明暦元年より遡ること僅かに三年なるが故に、古九谷窯の創
始を略明暦の頃にありとするに於いては亦甚だ妨げずとすべく、實は前田利治の就封せる
後、恐らくは慶...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吉田屋窯の開創と移轉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。その製陶を傳右衞門は山代燒と記し、世人は吉田屋九谷又は新九谷といへり。而してそ
の陶質と彩釉とは共に古九谷に比し脆弱なるを免れざりしといへども、尚且つ古九谷に次
ぐの聲價を得、爾來連續經營せしが、二世を隔てた...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
九谷本窯の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に簡素なる鳥獸草花を青華にし、その上部に色釉を以て著畫せるものあり。色釉は黄・青
緑・青・紫等にして、古九谷窯の丹礬も亦使用せられき。而して和全の山代に於いて作れ
るものには、於九谷永樂造又は大日本於九谷永樂造...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
五頁瀧雲山畫六〇八頁―六〇九頁佐々木泉景畫六一〇頁―六一一頁田村權左右衞門奉納花
瓶六一八頁―六一九頁古九谷燒平鉢六二四頁―六二五頁赤繪勇次郎著畫徳利六五二頁―六
五三頁飯田屋八郎右衞門著畫平鉢六六二頁―六六三...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
加賀の陶磁器
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藩に於ける陶磁器の沿革は、その關係する所極めて廣汎にして、最も主なる陶窯のみに就
いて言ふも、江沼郡の古九谷窯・吉田屋窯・永樂窯、能美郡の若杉窯・小野窯・蓮大寺窯
、金澤の春日山窯・大樋窯等を擧ぐることを得べく...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
諸書の古九谷燒に關する記事
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大機公(前田利明)御代に、後藤才次郎を肥前の唐津え被レ遣、陶を御ならはせ被レ成。
妻子不レ持者にて傳受...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吸坂燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るもの、一部分にのみ施したるもの、又は或部分に白釉を施して青華の模樣を現はしたる
もの、又は白釉の上に古九谷燒特有の色釉にて模樣を描けるもの等あり。
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
陶業の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
古九谷窯の廢滅以後、藩内に於いて陶磁の精良なるものを得る能はざりしを以て、多く供
給を肥前に仰ぎ、後更に尾張...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
幸に民山窯のあるに因りて、その命脈を保持することを得たり。民山窯の製品は近く木米
の遺範に基づき、遠く古九谷燒の風丯資質を追慕したるものにして、木彫の技を以て名を
知られたる武田秀平の創始したる所とす。之を民山...