石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は當時彼より將來したる八種畫譜の甚だしく珍重せられ、陶家の皆之に倣へるに因るなる
べし。後人往々にして古九谷燒に柹右衞門の影響あることを論ずるものあるは、柹右衞門も
亦九谷の工人と同じく八種畫譜を學びたるより起れ...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吉田屋窯の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀の陶磁は、一般に赤色顏料を以て本位となす。然るに吉田屋窯が全然之より離脱した
るは、古九谷燒の遺風に倣はんとしたると同時に、赤色顏料使用の困難を避けんとしたる
ものと見るを得べし。素地は石燒なる...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
色彩が純粹ならざる藍なると、白磁の鼠色を帶びたるとにより、穩和にして沈着なる調和
を示す。この青華が、古九谷燒の青華よりも更に多くの鼠色を含めるは、磁質の鼠色なる
が爲に、青華固有の色彩を發揮することを得ざるによ...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
び、又は茶褐色を含む。而して磁質一體に乾涸なるも、若杉燒の如く脆弱にはあらず。又
その石物にありては、古九谷燒に比肩すべき精良なるものあるを見る。之を要するに、能
美郡産の原料を能く拈化燒成したるが爲に却りて若杉...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷燒の發祥地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀の江沼・能美二郡と越前大野郡との境界に跨れる大日山の西北麓に、九谷と稱する塞
村あり。古九谷燒の發祥せし地は、實にこの邊陬なりとす。その窯跡に關しては、茇憩紀
聞に九谷より九谷川を經て市ノ谷に行く...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
後藤才次郎の製陶傳習説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て、肥前の陶業史に在りては一も九谷燒が唐津若しくは有田より分派せりとの記述を見る
能はず。之に加ふるに古九谷燒の作品に就きて研究する所の諸家は、その磁質・顏料・意
匠・圖樣の何れの點より觀察するも、毫も肥前系に類...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷窯廢滅以後
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
にして、誤りて元祿以前の製作と見らるゝもの、決してこれなきを保すベからざるなり。
或は曰く、今日の所謂古九谷燒なるもの、その十中の三は明朝將來のものとし、その三は
若杉窯等の作品とし、他の三は明治年間石田平造・松...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
五頁瀧雲山畫六〇八頁―六〇九頁佐々木泉景畫六一〇頁―六一一頁田村權左右衞門奉納花
瓶六一八頁―六一九頁古九谷燒平鉢六二四頁―六二五頁赤繪勇次郎著畫徳利六五二頁―六
五三頁飯田屋八郎右衞門著畫平鉢六六二頁―六六三頁...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
諸書の古九谷燒に關する記事
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大機公(前田利明)御代に、後藤才次郎を肥前の唐津え被レ遣、陶を御ならはせ被レ成。
妻子不レ持者にて傳受...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吸坂燒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
如き素地を有し、強烈なる火度を以て燒成せられたるものにして、表面に輕く澁釉を刷き
たる雅品を多しとし、古九谷燒と全く選を異にするを見るべく、又之を文献の上より求む
るに、秘要雜集には、貞享二年三月久保次郎兵衞の開...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吸坂燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るもの、一部分にのみ施したるもの、又は或部分に白釉を施して青華の模樣を現はしたる
もの、又は白釉の上に古九谷燒特有の色釉にて模樣を描けるもの等あり。
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
幸に民山窯のあるに因りて、その命脈を保持することを得たり。民山窯の製品は近く木米
の遺範に基づき、遠く古九谷燒の風丯資質を追慕したるものにして、木彫の技を以て名を
知られたる武田秀平の創始したる所とす。之を民山窯...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山燒の地位
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
民山燒は温健にして質實なる陶磁なり。是を以て古九谷燒の如き韻致なく、木米の如き怪
奇なしといへども、加賀の陶磁史にありては、中堅たるべき地位を占むるものに...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
能美郡の製陶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
既に叙述したる江沼郡の古九谷燒・金澤の春日山窯は、その製作する所主として貴族富豪
の鑑賞愛玩に供するにありたるは、もとこれ藩の保護事...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
未だ純白なるを得ずして赤味を帶び、間々白きものなきにあらざるも甚だ少し。その青華
も肥前の影響を受け、古九谷燒及び春日山燒に比して鮮麗なり。又呉州赤繪は、初め春日
山燒の影響を受けたるが、後勇次郎の來るに及び、圖...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
蓮代寺窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
釉の種類は江沼郡吉田屋窯のものに同じといへども、彼の如く中性化せられざるを異なり
とす。葢しこの窯は、古九谷燒の作品中交趾風のものを模倣したるも、遂にその域に達す
る能はざりしものなるべし。著畫の描法は、黒色線描...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
庄三の功績
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、艷麗絢爛なる點に於いて殆ど極度に達したりといへども、風韻雅致を具備することなき
の畿を冤るゝ能はず。古九谷燒の青九谷類及び吉田屋窯の製品が塗詰物と言はるゝに對す
るときは、庄三の作品は正に畫詰物と稱するを適當と...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
飯田屋八郎右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
衞門といひ、世に略して八郎とも稱せらる。大聖寺の人。初め染色業の上繪師たり。彼は
從來の赤繪を改良し、古九谷燒以來使用せられたる青紫黄緑の各彩を避け、自家の工夫を
施したる赤色顏料を主體とし、之に金彩を加へたるも...