石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第四節 租税
石川郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
引高三百九石四斗五升屋敷引高殘十七萬四千四百六十四石八升一合村高十萬二千八百九十
四石二斗七升三合定納口米内十一萬千九百十石九升九合五勺明治元年分給人知高六萬七千
八百九十九石八斗五升二合此定納口米七百五十九...
第一章 制度法規 第四節 租税
能美郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
合屋敷引高四石五升七合御預人參畠殘十萬六千三百三十三石九斗一升二合村高五萬千四百
五石三斗三升八合定納口米内一萬七千五百八十六石六斗二升七合明治元年分給人知高八千
七石八斗一升四合此定納口米八十二石二斗二升二...
第一章 制度法規 第四節 租税
河北郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
地引高百十五石一斗二升二合屋敷引高殘八萬千三百十九石九斗九升八合村高五萬千二百十
一石八斗二升四合定納口米内四萬三千六百三十六石一斗四合明治元年分給人知高二萬九千
十七石七斗二升五合此定納口米三萬十九石六斗六...
第一章 制度法規 第四節 租税
羽咋鹿島二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
升三合五勺屋敷等引高三石一宮領鵜捕領殘十六萬五千四百六十六石五斗村高八萬七千六百
二十一石一斗六合定納口米内十二萬九百六十一石四斗一升四合明治元年分給人知高六萬四
千七百二十六石八斗八升二合此定納口米七百五十...
第一章 制度法規 第二節 祿制
口米の變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
口米の事は、慶長三年豐臣秀吉の白山々麓に於ける檢地定に口米一石に付き二升と見え、
加賀藩にては慶長十年卯月...
第一章 制度法規 第四節 租税
礪波郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
六勺七才屋敷引高殘二十五萬五千六百三十九石六斗九合三勺三才村高十三萬二千九百二十
二石五斗五升一合定納口米内十九萬七千二十六石八斗二升五合五勺明治元年分給人知高十
萬二千六百五十三石二斗八升六合此定納口米四百...
第一章 制度法規 第四節 租税
新川郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
合四勺一才屋敷引高殘二十二萬三千百七十七石六斗八升七合五勺九才村高十萬千八百二十
一石五斗八升七合定納口米内十一萬九千三百八十八石二斗四升九合明治元年分給人知高五
萬五千九百二十七石一斗一升五合此定納口米二百...
第一章 制度法規 第四節 租税
鳳至珠洲二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二十四石九斗二升八合屋敷引高殘九萬六千四百九十石三斗四升四合村高五萬五千五百四十
四石七斗五升二合定納口米内一萬二百八十三石三斗九升一合明治元年分給人知高六千六百
二十五石四斗一升七合此定納口米五百五石寺社領...
第一章 制度法規 第四節 租税
射水郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
九升九合九勺一才屋敷引高殘十六萬八千二百九十四石二斗二升二合九才村高九萬九百五十
一石五斗八升八合定納口米内十二萬九千五百六十六石三斗二升五合明治元年分給人知高六
萬九千六百五十一石七斗二升七合此定納口米四百...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
作徳平均
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
作徳平均とは、各人の公稱持高同一にして、定納・口米その他の諸掛り隨つて同額なるも
、實際の地積を異にするが爲、親作の卸付米と手取作徳米とに差違ある時、田...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
平士並たりし者の現石算出法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の慘憺たるを思はしむるものあるに至れり。士族給祿改革に付改方等規則一、三の一加州
免、三の二能越免完納口米を以、改革給祿高割減、俵數に引直候事。但從前給知下免の人
々は可レ爲二是迄之通一、且茶湯料は自分知に結...
第一章 制度法規 第二節 祿制
量器の變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
口米の沿革を記したるに因み、こゝに量器の變遷をも考へざるべからず。葢し慶長九年八
月朔日の令に『新酒之事。...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
現石算則の説明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
各自の受領する改定現石算出の方法は、『又置二改定祿高一。乘二平均免一一八一。三歸
而。乘二定口法(定納口米)一一一二一。以二口米法一〇二一除レ之。右現石高也。』と
いへり。これ加賀藩に於いては、士人の草高千石...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
代官
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
官帳一册に記する所は收納米五百石と稱すといへども、實は正米三百三十石に當る。而し
て藩の法定納一石に付口米一斗一升二合を徴し、その中二升を手數料として代官に給する
ものなるが故に、三百三十石に對する代官の收入...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
青地禮幹の本多政昌に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
分代官被二仰付一候。此儀大槻奉(ウケタマハリ)レ之申渡候。六郎左衞門等御算用場え罷
出申候は、御代官之口米私共受取筋にては無二御座一候。只今迄は足輕を以下代に仕來、
口米は與力請取申候。此度は町人之内角間屋惣...
第一章 制度法規 第二節 祿制
給人の定納口米惣收納額
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
給人が口米として收納する額は、定納の總額に口米の比率を乘じたるものならざるべから
ず。故に今若し知行高百石を受く...
第一章 制度法規 第二節 祿制
口米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
給人の所得は、平均免による定納の外、尚別に口米と夫銀とあり。口米は元來租米の收納
事務に關係する藩侯の代官及び藏奉行の手數料として、定納に比例して納...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
歩苅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ッ折にして一歩當り。此米一反當り二石九升八合八勺但三百六十歩一反にして。内二斗四
升一合六勺(四勺カ)口米夫銀、但夫銀石に付二十八匁にして。一石(殘)八斗五升七合
(四勺カ)此米免ニ仕候得者十二免三歩。此内六...
第一章 制度法規 第二節 祿制
河合録の疑問
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
この口米の變遷に關しては河合録に、『慶長十一年頃よりロ米石に付五升宛之由。慶長九
年まで口米之義無レ之体也。同...
第一章 制度法規 第二節 祿制
口米石當り五升の例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
分金屋本郷(越中礪波郡)分物成御定之事五百八十四石毛附高此物成三ッ二分合百八十六
石八斗八升者斗升定此口米九石三斗四升四合右之口米右之御定之寫如レ件。慶長十年卯月
日杉本□太夫在判恩地平右衞門在判〔舊記假纂〕...