石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
取高 切高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
他人の賣却する高を購ひて己の持高とするを取高といひ、一に持添高又は取添高と稱する
ことあれども、頭振たる者の初めて高を得たる場合に在りては單に取高...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
別名高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
名高とは、戸主たる者の死したる時、寡婦又は娘等は高の所有を認められざるが故に、再
び死亡者の名によりて取高し、或は男子なき者にして後にその娘の聟を迎へて別家せしむ
るが爲、假に人名を設けて取高するをいひ、法に...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
掛作百姓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ざる村に高を有するものあるとき、その高の存する村方より指して稱するものなり。例へ
ば甲村の百姓乙村にて取高する場合に、乙村にて之を甲村よりの掛作某と呼ぶが如し。掛
作は又懸作の文字を用ふ。
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
買返高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
が切高したる時、本村の百姓購入することあり。この場合に於いては本村に回復したるに
同じきを以て、普通の取高と區別して買返高といへり。
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
宿仕法高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して、財政困難なるが爲、宿方の萬雜(マンゾウ)を維持し得ざることあり。然る時は之を
補塡する目的を以て取高をなし、之によりて得る所の用米を萬雜に當つ。宿仕法高といふ
もの即ち之なり。
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
持替高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
懸作の遠距離に存するときは、作配に困難を感ずるが故に之を切高として、代ふるに近村
又は居村に於いて取高することあり。之を持替高といふ。
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
高禮米代銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
元來田地は悉く藩侯の有にして、百姓は單に耕作の爲之を管理するに過ぎざるを以て、賣
買といはずして切高・取高といひ、租米を上納する能はざる場合には之を他人に讓渡して
禮米を得、以て納租の義務を全からしむるを本旨...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
品々帳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の組を一册としたるもの二通を製し、一册は十村之を保管し、一册は改作所に備へ付く。
若し百姓にして切高・取高したる時は、品々帳に持高の増減を付札として改作所に提出す
。改作所奉行則ちこの付札に捺印して返附し、同...