石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
加賀藩の努力
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
る時は必要以上の酷薄を敢へてしたるを見るに及び、加賀藩の幕府を信頼するの念漸く薄
からざるを得ざりき。南越從軍の我が將帥が屢幕吏に論難抗辯し、監軍附屬の士石黒堅三
郎の手記に彼等を目して奸吏と書したる如きは、...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
南越の陣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るが如く、加賀藩をして幕府の武備に對する幻滅を感ぜしめ、その沒人道なる處置に憤慨
措く能はざらしめたる南越の陣とは、果して如何なるものなりしぞ。今之を説くに當りて
、聊か水戸藩の黨爭に遡らざるべからず。
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
六八一頁第二節黒羽織黨及び海防七二一頁第三節錢屋五兵衞七四八頁第四節元治の變八〇
三頁第五節征長の役と南越の陣八七六頁第六節藩末の改革九一六頁第七節北越戰爭九五一
頁第八節本多政均の遭難一〇〇九頁第九節版籍奉...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
班軍は豫定の行動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
八月六日に在るを以て、當時直に南上するは時機尚早きに失するものあり。况や背後に小
松の強敵を殘して深く南越に入るは、決して策の得たるものにあらざるに於いてをや。是
を以て兎にも角にも一たび金澤に歸り、時局の變...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長の出軍と丹羽長重
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
又靜かに天下の大勢を觀ずるときは、大聖寺の山口氏既に倒れて輔車相依ること能はざる
に至りしのみならず、南越の青木秀以等亦深く憑むに足らず。之に加ふるに徳川氏の勢威
益旺盛なるものあるを以て、寧ろ前田氏と親睦す...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長長重の和議成立
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利長乃ち書を金澤城の留守高畠定吉に與へ、丹羽氏との媾和已に成れるを以て、明日を以
て大聖寺に至るべく、南越の地亦敵とするに足るものなきを以て、直に江州に入るべきを
告げたりき。焉んぞ知らん、乾坤一擲の大快戰は...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
傳説より生じたる史蹟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
一。衣レ褐懷レ玉。遁レ名晦レ迹。不レ求二人知一。故前史無二足レ徴者一。天正中我藩
(前田利家)祖。自二南越一就二封登州一。三遷移二鎭尾山一。布二維新之令一。革二舊
染之俗一。招レ賢任レ能。自レ西自レ東。土感而...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
齊泰の豹變せる理由
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
説し、去年自ら進みて出兵を請ひしものに似ざるの感あるに至りしは、是より先水戸浪士
の西上を企て、各藩が南越に之を防止せんとしたるに際し、餘りにその非力無能なるを暴
露したるのみならず、幕吏の浪士を罰したる體度...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
加賀藩兵敦賀に向かふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
らんとすとの報に接したりしを以て、慶喜はその本營を大溝に移すべく、隨つて加賀藩の
兵は草津を發して直に南越に向かひ中軍の前衞たるべしとの命を發せり。是を以て甚七郎
等は即夜行軍を起し、翌朝大津より船を僦ひて湖...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
降人の敦賀移送
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。是より先慶喜は、事既に鎭靜に歸したるを以て二十四日海津を發し、幕府の大小監察も
亦二十七日皆歸京し、南越の黄塵全く跡を收む。今度賊徒降伏一件、格別之御盡力故と御
滿足(慶喜)被二思召一候。彼是長之陣中大儀に...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
永原甚七郎略傳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
南越の陣に加賀藩の總帥たりし永原甚七郎は、本姓を赤座といひ、關ヶ原の役に初め西軍
の將となり、後小早川秀秋...
第六章 大聖寺藩治一斑
南越の役の影響
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この年水戸の浪士、筑波山を脱して京都に上らんと欲し、十二月遂に美濃より蠅帽子峠を
踰えて越前に入りしが...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
富田景周
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
レ子而食。折レ骸以爨保レ之。無二輔車脣齒之援一。猶何竢。逮二織田覇主之纛幡一北一
。殄殲孔舍衙氏闔族乎南越一。而不レ血二鋒刄一。賀賊之膽先墜。既而使二柴田佐久間諸
鋭將伐一レ之。恰如二以レ磤投一レ卵。又如三猛...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
石黒魚淵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
後世子近習・改作奉行兼定檢地奉行・産物方・軍艦方等の職を奉じ、又大坂留守居役とな
り、武田耕雲齋事變に南越に出動す。明治初年民部省庶務司准大祐となり、高崎縣小參事
に轉じ、次いで明治二十一年一月伊勢に赴きて神...
第六章 經濟交通 第四節 交通
金澤江戸間の下街道
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藩政時代に於ける北陸道は、金澤より南越前に入るを上街道といひ、北越中に向かふを下
街道と稱し、而して金澤より江戸に至るには、下街道によるを普...