石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
千秋順之助
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
千秋順之助は初諱を藤範といひ、後に藤篤と改む。顧堂・有磯・黄薇庵等の號あり。千秋
範篤の次子にして、文化十二年八...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
本多政均等の執政と關係者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
功・公事場掛與力内藤誠左衞門をして、退京の事に參與したる諸士を裁判せしめ、十月十
八日以後不破富太郎・千秋順之助以下漸次その刑を定めらるゝに至れり。榮通も亦十九日
加判の職を免じて閉居を命ぜられ、その他單に從行の列...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
連累の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
有レ之道理も無レ之事故、尚又配慮罷在候處、都て御政事に不レ致二勉勵一躰に相聞得候
事共多有レ之。先達て千秋順之助等を初め切腹の人々、固陋過激之所業有レ之由にて、尤
之御處置振には候得共、何も私心は無レ之躰、御爲筋を...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
七頁錢屋要藏筆蹟七五八頁―七五九頁錢屋五兵衞筆蹟八〇〇頁―八〇一頁不破富太郎手寫
本八五六頁―八五七頁千秋順之助詩稿八五八頁―八五九頁小川幸三筆蹟八六二頁―八六三
頁長連恭宛前田齊泰書翰八八二頁―八八三頁牛追善塔九...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
藩治の積弊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るが爲に、王政維新の風雲に乘じて活躍するの機會を逸したりしもの、實に遺憾に堪へず
といふべし。唯この際千秋順之助・不破富太郎以下の志士ありて、藩侯の世子慶寧を輔翼
し、謀を長藩と通じて皇室の爲に微力を致さんとしたる...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
齊泰父子幕府の徴命を辭す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
し、また慶寧の近臣大野木源藏・堀四郎左衞門・久徳傳兵衞に勸めて諫止せしめんとせり
。齋泰乃ち慶寧の侍讀千秋順之助に諮詢せしに、順之助も亦所見を述べて順逆を審かにし
名分を明らかにして大藩たるの面目を維持すべしとし、...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧上洛の志を決す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しに、久徳傳兵衞・大野木源藏・堀四郎左衞門等も亦同志を輔けて屢献言するに至りしの
みならず、慶寧の侍讀千秋順之助は側近に在りて勸奬に努めしかば、慶寧の志遂に決し、
翌元治元年二月二十四日將に藩侯代理として上京せんと...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧鎖港の決行を促す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
復し、彼等の所論を慶寧に傳へて益正義を鼓吹せんことを謀り、而して家老松平大貳・近
臣堀四郎左衞門・侍讀千秋順之助等皆之を助けたりき。是に因りて慶寧の志益堅く、六月
五日遂に自ら閣老水野和泉守忠精に至りて建白書を呈し...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の退京提議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るが故に、別に禁闕守衞の任に當る者を留めて一たび軍を退くるに如かざるなりと。松平
大貳・堀四郎左衞門・千秋順之助等亦之を是なりとし、將に旅程に上らんとせり。
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
大野木仲三郎の山森權太郎問責
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
し、以て藩侯の赫怒を解くに勉めざるべからずと。權太郎乃ち唯々としてこれに從ひしか
ば、慶寧は横山外記・千秋順之助をして同じく往かしめ、仲三郎も自ら戮力せんと欲して
行を共にせり。時に歩士横目行山康左衞門は、亦事のこ...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の捕縳と慶寧の幽居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
邸に移せり。翌日藩又守衞を公事場に繋ぎ、十六日遂に不破富太郎・青木新三郎・大野木
源藏・堀四郎左衞門・千秋順之助及び野口斧吉を拘致するの令を發す。この日源藏・順之
助・新三郎は、慶寧に從ひて小松に達せしに、捕吏乃ち...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
不破富太郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に奉レ伺兼候へども、追々御快くあらせられ候哉に承り候段、且つ富太郎同刑に仰付られ
候者は大野木仲三郎・千秋順之助・青木新三郎の趣申聞けさせ候處、辱き旨申述べ、千秋
の儀承り不審の顏色に有レ之候。(千秋は長藩人と附合...
第三章 學事宗教 第一節 學校
集義堂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
る間には湯淺丈次郎教師となり、その後曾田左助・新井周藏・木下仁平・今川伴樂・北村
順吉・一色覺右衞門・千秋順之助・稻垣此母・鶴見小十郎等、相前後して育英の事に努め
たりき。藩末に於ける集義堂の教科用書は、四書・五經...