石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
舊十村の復活と農吏制の改革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、文政四年新奉行を罷めて前任の者を復役せしめ、新十村も亦悉く職務を免ぜられき。是
に於いて改作奉行は、十村の職務を執るものは、藩侯利常が改作法を實施したる時より連
綿たる舊族にあらずんば成績を擧ぐること能はずとな...
第一章 制度法規 第三節 司法
磔 引廻
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
磔は、親殺・主殺・夫殺の逆罪、放火・子殺、人を殺して窃盜したるもの、十村の職に在
りて隱田を企てたるもの、一寺住持の清僧にして女犯破戒の罪を犯せるもの、病馬を遺棄
したるもの、徒黨...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
十村の廢止と復活
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
事務を繁雜ならしむるに止り、政績却りて擧らざるの憂ありしを以て、天保十年には又惣
年寄・年寄並を罷めて十村の職を復し、百姓を十村支配とせり。この時以後無組御扶持人
十村・御扶持人十村は苗字を許し、平十村には之を許...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
鍬役米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
組裁許の十村、即ち平十村及び御扶持人十村の職務に附隨する所得は鍬役米なり。鍬役米
とは、組下の男子十五歳より六十歳に至る者一人に付米二升を徴收する...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
分役
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
列・山廻・山廻列の四種は、惣稱して之を分役といへり。その名義の理由を明らかにぜず
といへども、恐らくは十村の職務を分擔するの意なるべし。新田裁許と山廻とは又その兼
務として代官を命ぜられ、共に代官帳二册分を取扱は...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
土屋義休
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
なり。寛文四年五月父の横死せる後を受けて十村となる。元祿中改作奉行園田左十郎罪あ
り。義休亦之に坐して十村の職を奪はれ、獄に繋がるゝこと一年餘に及べり。既にして赦
さるゝことを得、後剃髮して直心といひしが、又その...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
國田敬武
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
國田敬武は通稱彌五郎、世々羽咋郡堀松に住し、十村の職を奉じて令名あり。敬武文政十
年を以て生まれ、年少にして七尾に遊び、儒醫安田竹莊に就きて漢籍を學び、又...