石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
十二月十九日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十二月十九日、城中の煤拂を行ふ。先づ當年年男の任に當るべき會所奉行、裝飾を施せる
煤竹を以て儀式を開始し、次いで割...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
前田利秀歿す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この年十二月十九日、越中今石動の城主前田又次郎利秀歿す。享年二十六。利秀初の名は
利次、利家の弟秀繼の男なり。利秀初め父...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家と秀吉の交情
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
秀吉の斡旋によりて荐りにその官位を進められ、天正十四年三月二十二日從四位下左近衞
權少將となり、その年十二月十九日秀吉の太政大臣に任ぜられ、豐臣氏を賜はりし際には
、利家も亦秀吉の命によりて豐臣氏を冐すを許され、十七...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長の略歴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、後守山城に居る。十一月廿九日從五位下に叙し、肥前守に任ぜられ、十四年六月廿二日
從四位下侍從となり、十二月十九日豐臣氏を冒すを許さる。尋いで文祿二年閨九月晦左近
衞權少將に昇り、四年權中將に轉じ、慶長二年九月廿八日...
第六章 大聖寺藩治一斑
第三世利直
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
なり、五年七月九日封を繼ぎしが、この月十一日利直は改めて飛騨守と稱し、寳永元年六
月初めて入部し、三年十二月十九日從四位下に叙せられ、六年綱吉の薨ずるに及びて奧詰
を免ぜられ、翌七年十二月十三日江戸邸に卒す、年三十九...
第六章 大聖寺藩治一斑
第五世利道
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
甫めて五歳なりしを以て、未だ柳營に上ること能はず、延享二年二月に至り初めて將軍吉
宗に謁したりき。四年十二月十九日利道從五位下に叙し、壹岐守に任ぜられ、寛延二年五
月初めて入部し、三年四月二十五日備後守と稱し、寳暦四...
第三章 學事宗教 第七節 書道
井出正穴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、別に二十口を正水に食ましめき。後正水の去りて洛南に住するに及び、侯又隱栖の資十
口を賜ひき。享保元年十二月十九日歿、釋慈門正水と諡し、東山松原東慈芳院に葬らる。
正水著す所草書淵海四卷あり、澤田宗堅之に序し、延寶中...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
大樋勘兵衞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して寶珠三個を刻し金箔を塡したるもの、各一個を一組とし、侯の在江戸の年には十一月
十九日、在國の時には十二月十九日を以て献納し、その上箱には大樋長左衞門の名を書せ
り。葢し彼の名は勘兵衞なりといへども、世人皆初祖の名...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
明治新貨との交換
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
縣も同じく金一兩を錢札二十四貫文と定め、追つて新貨と引換へらるべきことを公示せり
。次いで太政官は更に十二月十九日同一の趣旨を布達したりしが、此等の地方に於いては
何れも法令に準據せず、民間任意の價格により錢札を使用...