石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 領主及び領土
前田綱紀の所領
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
賀藩主前田光高卒したるを以て、六月子綱紀その所領を繼ぎしが、更に萬治元年十月祖父
利常の薨ずるに及び、十二月二十八日その養老封と、別に利常の將軍秀忠より與へられた
る近江の内今津・弘川の二村も亦綱紀の有に歸し、合計百二...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
前田重靖の略歴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
生まれ、童名を嘉三郎といひ、延享四年五月十一日諱を利見と稱す。寛延二年三月初めて
江戸に出で、寳暦元年十二月二十八日將軍家重に謁し、從五位下上總介に叙任す。三年四
月七日兄重凞の嗣となりしが、八日重凞卒したるを以て、五...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
兼六園
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
するものは何の故たるかを知らず。然るに世人その法に慣れず、却りて之を不便とせしを
以て、齊廣の卒後七年十二月二十八日之を廢せり。竹澤洪鐘銘粤稽二古刻漏一。肇二軒轅
氏一而宣二夏商一云。周禮有二挈壺之制一。並悠邈措而不レ...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
藩軍の凱旋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
十二月二十八日連恭又總督に至り謁す。總督乃ち之を饗し、賜ふに紅色戎服地を以てせり
。因りて加賀藩の諸隊は慶應元年正月...
第六章 大聖寺藩治一斑
第二世利明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
領九ヶ村を能美郡六ヶ村と交換せらる。江沼郡那谷村もこの時領内に歸す。寛文元年十二
月飛騨守と改め、三年十二月二十八日從四位下に叙し、元祿五年五月十三日江戸邸に卒す
、時に年五十六。大機院と諡し、實性院に歸葬す。大正六年...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
十二月二十八日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十二月廿八日、物頭以上のもの歳暮祀賀の爲に登城し、各姓名を帳に記して退出す。この
日諸門の番人皆常服を...
第三章 學事宗教 第八節 科學
時辰割
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を變ずることも、亦尚舊に依りしなり。然るに世人却りて之を喜ばざるもの多かりしかば
、齊廣の卒後文政七年十二月二十八日より十三割に復し、次いで高璟は鐘撞足輕家傳の法
に基づきて確實なる數字を算出して藩に上り、文政八年五月...
第六章 經濟交通 第三節 市場
魚屋町の市場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
起れる火災により類燒せしが、再び舊位置に復興せられたるなり。されば金澤町會所留帳
に載せたる、享保六年十二月二十八日の書札に、『兩魚問屋給銀五貫目宛之處、來寅の年
より新銀四貫五百目宛に被二仰付一。』とある兩魚問屋は、...