石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
本多政均の上洛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
銃隊物頭四人・部下の卒百人・炮隊物頭一人・部下の卒五十人・司令役二十六人を率ゐて
京師に往かしめ、更に十一月朔日老臣本多播磨守政均に己に代りて上京すべきを命ぜしを
以て、政均は同月六日家臣四百三十餘人を率ゐて金澤を...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
大阪冬御陣日記
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
成候。京御通被レ成候へども、見事成故諸人萬民見物をいたし、數馬八幡山右(人數馬數
カ)に見て御供申也。十一月朔日、天氣吉。薪の寺に御逗留被レ成候。同二日、雨降、天
神の森より御出被レ成、河内の國飯盛のわき砂村へ御著...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
觀音院の能
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利常)殿の御二男千勝(利次)君と申すは、御朱殿天徳院殿の御腹にて、上下敬ひ殊に重
かりし。時に元和三年十一月朔日、此千勝君卯辰山觀音院の境内山王權現ありしに御宮參
りあり。本堂觀音の堂の縁に御上りなされ御休みなされ...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
朝元三たび婚す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
候間申談度と、重而勘右衞門を以申鬪候。伊崎手前も、是は格別之筋、如何樣共と申趣に
相成、急に内談相調、十一月朔日嫁娶も調申候。其時分淺井方よりは江守角左衞門、大槻
方よりは御近習の内關屋長太夫罷出、双方申談候。此縁...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
世外齊敬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
青操院。齊敬童名を教千代といひ、同年十二月十八日治脩に養はれて嗣子となる。寛政二
年九月初めて出府し、十一月朔日名を勝丸と改め、同日犬千代と稱し、翌二日又左衞門利
博と改む。次いで三年二月十一日柳營に於いて首服を加...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
日、越中大岩山日石寺、同國安居寺富突。小松養福院六會、能州三崎高勝寺大宮十五會、
野町於二神明一富突。十一月朔日、能州一宮二會、寺中於二社頭一興行。明和三年四月十
五日、能州瀧谷妙成寺萬人講三十五會、札開所卯辰三寳...
第六章 大聖寺藩治一斑
第十二世利義
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
請ひて利義を嗣子たらしめ、八月二十六日幕府の許可を得たり。因りて九月江戸に赴き、
十月十七日封を襲ぎ、十一月朔日家督の禮を行ひ、十二月十六日從五位下に叙し備後守に
任ぜらる。次いで嘉永四年十二月十六日從四位下に陞り...