石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
諸士の教諭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
武の道初めて活用せられて、汝等が祖先の功を紹恢することも亦庶幾くは期して待つべき
なりと。同月齊廣また勤儉令を發して曰く、近時諸士の風俗宜しきを失ひ、子弟の教養亦
その法に適せず。凡そ武士たらん者は、祿の高下...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
熈・重靖・重教皆壽ならず、治績の擧らざるもの亦故ありとすべし。治脩の學校を興し、
孝義を旌表し、齊廣の勤儉を奬め、奢侈を禁じ、文武を盛にして士風を作振せんとしたる
が如き、大に努めざるにあらざりしも、既に江戸...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
米價低落と貸銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を借りて償ふこと能はざれば、その衣食を節せしめ、若しくは俸祿を割きて上納せしむ。
これ一は士人をして、勤儉自ら産を治むるの念を養はしむると共に、一は利子の藩外流出
を防ぎ、併せて府庫を豐かならしむるが爲なりし...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
士人の困窮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、或は俸祿の一部を割きて負債償却の途を講ぜしめ、或は僕隸の員數を減じて資財を賣ら
しめ、或は吏を付して勤儉節約の實行を監視せしむる等の事を爲し、之と同時に農民が租
米納入の義務を盡くさゞるは、實に士人を窮乏せ...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
重凞時代の儉約
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ざるべからず。而も敢へて之を罰するは余の情に忍びざる所なるを以て、今より後須く舊
染を改め、奢侈を除き勤儉質實を旨として、各その世を永くせざるべからずと言へるを以
て之を知るべきなり。
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
金澤城の罹災
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
大に猿樂を奏して老臣以下諸吏の觀覽を許せり。齊廣がこの大工事を行ふに當りて、幕府
の力を假らざりしは、勤儉力行を以てこの難局を打開せんと欲したるに因る。財政の窮迫
は時に多少の弛張なきにあらざりしも、略前代に...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
農制振興策
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
齋廣の施政はかくの如く、勤儉節約の奬勵とし、文學武技の鼓吹とし、祖宗の遺法を恪守
すべしとする類にして、徒らに告諭を頻發するに止り...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
串の遊廓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
場附近より出火し、部落の大半を燒夷せしに拘らず、忽ちにして舊状を挽回したりしが、
天保十三年水野忠邦の勤儉令を布くに及び、大聖寺藩亦旨を奉じて服飾器玩を簡素ならし
め、吏を派して室内の華麗なる建具を撤し、桂・...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
士氣振興の令
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
へしめき。是の如きは卿等の夙に熟知する所なるべしといへども、之を知るは易くして行
ふは難し。卿等宜しく勤儉自ら制し忠孝自ら勵まし、老成年は産を治め家を整へ、少壯者
は學を習ひ技を練るべし。卿等余が命を恪守し、...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
神農祭 萬歳 猿廻
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
儀を與ふ。越前萬歳は二十日に至れば、盡く城下を去るを例とす。或はいふ、往時は城中
にても舞ひたりしが、勤儉の令ありし後之を廢せしなりと。金澤の町人にも亦萬歳を演ず
る者あり、之を地萬歳と稻へ、遍く家中を巡行す...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
岡田信之
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
岡田信之、字は信民、靜山と號す。伊藤祐之に學び、志を經學に篤くすること二十年。人
と爲り勤儉にして至孝なり。その著に靜山集ありて、生駒直武之に序せり。夏日題二濁清
橋一危石亂山宿雨收。偶携二藜技...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
井口濟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。濟の學は濂洛を宗とすといへども、博鷺廣渉して一説を規とせず。その經を解するや、
訓詁精微を究む。操行勤儉、性又孝友なり、文化九年十二月を以て生まれ、明治十七年五
月に歿す、年七十三。狂賣桃傳狂賣跳者。不レ知...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
竹内世絅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年致仕し、慰勞の爲に白銀五枚を賜ふ。その侍讀は故の如し。同二年五月二十八日七十三
歳にして歿す。世絅性勤儉にして器皿服飾を好まず、專ら子弟の薫陶を以て終生の樂事と
なす。著す所讀易記・詩經解・論語解讀・左傳箚...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
服部元好
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
彼は元祿・寶永の頃をその盛時とせしなるべし。或は曰く、藩士大音帶刀毎年元好に米一
石を贈りしが、偶家中勤儉の令あるに際し、その半を減じて與へたりき。元好乃ち之を謝
し、『帶刀が力の程を見せんとて石を二つに割り...