石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
勝家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
勝家は古刀紀より繼續したる刀工なるが、慶長以降同銘二代を襲ぎ、寛永の頃に及びてそ
の跡を絶ちたるが如く、そ...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
山林の下苅特許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
貞・家忠・勝國等、御林六ヶ所之下刈被二仰付一。』といひ、又享保元年四月國平・家忠
・包廣・光平・幸昌・勝家・國重・家弘等より町奉行に提出したる願書にも、『去年も度
々御歎申上候通り人々困窮仕、其上公儀・御家中...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
勝家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
橘氏を冐せる勝家は、初代勝國の二男にして、通稱を松戸善八郎といへり。その作風は二
代勝國に同じく、整然たる三本杉刄を得...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
陀羅尼系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
名にはあらざるなり。その何が故に陀羅尼の語を採りて家名とせるかの理由は判然せず。
或はその家祖古刀紀の勝家が越後高田なる鍛冶屋町に隣れる陀羅尼の區域内に住せしこと
あるに因らざるかとの説あり。この系は加賀の刀...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
越前大野郡十六村
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
次いで信長の越前を柴田勝家に與ふるや、天正七年八月勝家は柴田三左衞門勝政に命じて
、加賀の國境なる谷峠を越えて兵を石川郡吉野に進...
第五章 殖産製造 第一節 農業(上)
白山々麓の太閤檢地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して吉田益庵を、西谷の檢田使として朽木河内守元綱を派遣せしも、その手續極めて簡易
にして、天正五年柴田勝家の檢地したる結果に基づき、單に水帳を新たにせしに止るもの
ゝ如し。されば白山々麓村村由緒には、『東谷は...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
加賀殿
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
世本或はいふ。秀吉の金澤を去るに臨み、利家の第三女摩阿姫を得て之を伴へり。摩阿姫
は先に利家が勝家に質とせしもの。天正十一年勝家の滅亡に際し、その乳母擾亂の隙を窺
ひ、共に遁れ歸りたるなり。摩阿姫今年...
第一章 領主及び領土
織田時代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加賀に在りては、天正三年織田信長の柴田勝家をしてこれを征せしめし時、阿閉貞秀に江
沼郡を、堀江景忠に能美郡を與へ、又戸次廣正を江沼郡大聖寺に置き...
第一章 領主及び領土
豐臣時代に於ける前田・丹羽・堀・溝口・村上諸氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
天正十一年四月羽柴秀吉、柴田勝家と近江の柳ヶ瀬に戰ふ。秀吉之に捷ち、直に越前を經
て加賀に入り、尾山城に在りし佐久間盛政の殘黨を追ひ、...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
小牧の役
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是より先、羽柴秀吉は明智光秀を斃し、柴田勝家を斃し、神戸信孝を斃し、西は毛利氏と
和し、東は上杉氏と結び、金城湯池を大坂に起して、己既に天下に主た...
第四章 美術工藝 第五節 染色
龜甲屋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
し、三壺記によれば權兵衞はその子にして浪人たりしが加賀に來仕せしものなるが如し。
而して高綱の父は柴田勝家の臣溝口半左衞門宗俊にして、宗俊は龜田岳信の義子となりて
その氏を改めたるものなりといへば、與助を岳信...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加賀新刀の勃興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
形勢頗る落莫蕭條たるものありしが、慶長に入り藩侯前田利長が當國に居住せる藤島系の
清光または陀羅尼系の勝家・家重等を起用すると共に、當時恰も美濃より移壇したる兼若
・兼卷等を保護奬勵するに及び、俄然として活況...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工の階級
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
腕の巧拙に從ひて三等に分かたれたり。即ち貞享元年八月の鍛冶位付調書に據れば、兼若
・勝國・高平・吉家・勝家、非人小屋に罷在清光・兼則を上作とし、光國・友重・家平・
信友を中作とし、守種・幸昌・兼裏・越中清光・...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
享保の不振
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ろ之を陀羅尼の分流と見るべく、甥包廣以後刀系なし。光平も亦陀羅尼の分系にして、そ
の子孫家業を廢せり。勝家は初代泰平の前名にして、孫泰勝・泰定の後業系を缺く。清光
二人は長く統を傳ふ。信友は信國流に屬する獨立...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
泰平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二代橘勝家は享保十五年の頃名を泰平と改め、寶暦十二年七十二歳を以て歿せり。二代泰
平は同じく松戸七郎といひ、延享...